04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Be with you

潤くん大好き♪嵐大好き♪嵐くんのおかげで日々充実♪

蜷川さんのコトバ。 

今日は、オリスタ目的で本屋に寄ったんですけど。
時間があったんで。購入を迷ってる雑誌を、何冊か立ち読み。
そのなかで。蜷川さんのコトバで、嬉しすぎるというか、
蜷川さんにそれを言ってもらえる潤くんって!!!
ワタシにとっては、名言ですよっ!マジで。


というわけで。そのままですが、続きにご紹介。


あと。コメント返信は、まとめてさせていただいてますが。
あゆみさんのコメントに関しては、先にお返しいたします。
このエントリーを書き上げましたら、続いてコメントいたしますね。
とはいえ。今までに、何度もお答えした通りの内容になります。
毎回、同じよーに便乗して、中傷コメントをされる方がいらっしゃいますが。
今後は、すべて削除させていただきますので、ご了承ください。
-- 続きを読む --

category: あゝ、荒野

cm 1   tb 0   page top

あゝ、荒野 12/2 千秋楽カーテンコール。 

東京は、びっくりするくらいの極寒でしたけど。
ココロのなかは、ポカポカ温かい2日間でした!



いろいろレポがたまってしまっていますが。
本日、千秋楽のカーテンコールの様子を先にあげさせていただきます。
とはいえ。やっぱり、ずっと、潤くんをみつめていたくて。
そして、拍手も、ずっとしていたかったんで。
メモらしいメモがとれていません。ほんと、ごめんなさい。
なので、ワタシの記憶がすべてです!かーなり、自信はありませんが。
がんばって、記憶を蘇らせながら、書き綴ってみようと思います。



以下、千秋楽のカーテンコールの様子です!
雰囲気だけでも、伝われば、、、と思います。
-- 続きを読む --

category: あゝ、荒野

cm 1   tb 0   page top

あゝ、荒野 千秋楽無事終了。 

さきほど、鳴り止まない拍手と歓声のなか、
無事、舞台の幕が降りました。


カテコは5回。潤くんは、嬉しそうな笑顔を、たくさん見せてくれました。
出演者の方々に囲まれて、幸せそうに真ん中でたってる潤くんを見て。
この人を大好きで良かったって、ほんと、そう思いました。

今からYちゃんと軽くご飯を食べて、帰ります。
また、後でカテコの様子を報告させていただきます。


新宿新次は、最初から最後まで最高すぎました!あゝ、幸せ。

category: あゝ、荒野

cm 1   tb 0   page top

あゝ、荒野 12/1前楽、無事終了。 

21時45分頃、無事前楽が終了しました!最高に、素敵な舞台でした!
いつもは、開始前に、ご報告がてら、エントリーするんですけど。
あと、2回だと思うと、なんだか緊張してしまって。
開始30分前には、席に着いたのに、ココロここにあらず状態で。
お隣のYちゃんと、どーする?どーする?と、意味不明なトークを展開(笑)



2回公演の2回目を見るのは、初めてだったんですけど。
もちろん、クオリティは、マチネと変わらなかったですし。
潤くんも、本当に熱演で。その姿を見ているだけで、胸が熱くなりました。
会場には、たくさんの芸能人の方が来られていて。
また、レポでも記載いたしますが、すぐ近くに、エイトの丸ちゃん。
あと、個人的に嬉しかったのは、竹内結子さんが見に来てくださったコト。
潤くん、良かったね♪って、思っちゃいました。はい。



座席的には、さいたまから、徐々に後方に下がるという、ある意味ミラクルで。
でも、この舞台、決して、前方がいいわけじゃないんだなって、
観劇のたびに、そう、思います!蜷川さんの演出のなせる技なのかなぁ。
見えないものが、徐々に見えてくる感じが、すごく心地良いです。
今宵のN列下手は、今までで一番後方ですが。全体ももちろんよく見えますし、
役者さんの出入りを、すべて把握できました。さらに、関係者席も近い(笑)
そーして、なんといっても、松本ファン的には、3度も目の前を歩いてくれるんで。
真正面から、潤くんを見つめられる幸せに、酔いしれました。



カテコの潤くんは、今宵も、本当に堂々としていて。輝いていて。
何度も何度も、深々と頭をさげてくれていたんですが。
4回目のときに、少し笑ってくれたのが、やっぱり嬉しくて。
ワタシは、潤くんが、ただ嬉しそうに笑ってくれるだけで、
それだけで、幸せなんだなって再確認。(←溺愛すぎて、すみません。笑)
明日は、今までで一番最高の笑顔を見せてほしいなぁ!<松本さま(懇願!)
それにしても。カテコで流れる『Creep』は、ほんとに素晴らしくて。
逃げられなかった運命のいたずら的な結末のあと、
なんともいえない葛藤がココロを支配するんですけど。
パッと会場が明るくなって、この曲がかかると、自然とキモチが高ぶってきて。
テンションが、ものすごーく上がるんで。
この舞台で、初めて出逢った歌なんですけど、たぶん、これからも大好きです。はい。



昨日のベスアでみた潤くんは、まさに、いつもの嵐の潤くんで。
見ているだけで、幸せなキモチにさせてくれるよーな、
優しく、ギュッと包み込むよーな、そんな柔らかな印象。
なのに。舞台の冒頭に、新次として、現れた潤くんは、
これが、昨日の、あの潤くんなのかと驚くほどの変貌ぶりで。
当たり前かもしれませんけど。アイドルとしての立ち位置な嵐と、
役者松本潤の、スイッチの切り替えの凄さに、圧倒されちゃいました。




1ヶ月。長いなぁと思っていましたが。
早いもので、あっという間に、明日は、千秋楽。
今の潤くんなら、絶対に大丈夫!そう、わかっていても、
それでも、やっぱり願ってしまう、、、
どーか、なにごともなく、無事、幕が降りますよーにと。

あと1回。潤くん、全力で、新宿新次として生きて!
その姿を、ワタシも、ワタシ自身に、刻むから。うん。

category: あゝ、荒野

cm 0   tb 0   page top

あゝ、荒野 11/17マチネレポ その3。 

17日、マチネ最後のレポになります!その3です。
さいたまよりも、かなり詳しく書いたつもりです。
が、しかし(笑)それでも、伝わらない部分があるかとは思います。
伝わらない部分は、想像を掻き立てて、楽しんでいただけたらと。



では、以下。17日マチネレポ、その3です。
がっつり、ネタバレありますので、ご注意ください。
-- 続きを読む --

category: あゝ、荒野

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お知らせ

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム