09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Be with you

潤くん大好き♪嵐大好き♪嵐くんのおかげで日々充実♪

GINGER ~これが僕なりの家族、恋愛、人生論。 

『DearSnow』某所で、聞かせていただきましたが。
いやいや。ニノちゃんのソロが、素晴らしい!
歌詞がまた、大奥の世界観にぴったりで!(しっかし、PVは謎ですな・・)
Mステ披露が、楽しみになってきました!
って、思ってた矢先。想定の範囲内でしたけど、新曲決定って!!
年に6曲出るとは、去年の今ごろは夢にも思わず。
10周年より、さらに、凄い勢いの嵐は、どこまでいっちゃうんだろうか。
このまま、ドラマや映画の主役のたびに、エンドレスで発売するんだろうか。
嵐くんは、どこに着地点を見出すつもりなんだろうか。
って、思いますけど。その答えは、いつか出ると信じておきます。はい。



そして。本屋さんには、恐ろしい数の、二宮さん関連雑誌がズラリと並び。
ほんと、凄すぎて、立ち読みだけでも、時間かかる!
にのちゃんが、嵐のために働くなよ!って、言ってくれてましたが、
ワタシなど、まさに、その通りで、嵐のために働いるっつーの(笑)
それでも、年中、嵐貧乏って・・・どーいうコト?
この事態から逃れよーと、潤くん以外は、超厳選すると決意しているので。
ニノちゃん関連は、anan、oggi、MORE、MISSの4冊(肌がはだけた+actは、保留)
そして、買う予定のなかったGINGER!(雑誌の存在すら、知らなかった。笑)
もーーーー、にのちゃんが恐ろしく、かっこいい!!

以下、もう少し、GINGERを。ネタばれしてます。














ワタシ。基本、グラビアのビジュアルよりも、テキスト重視なんですけど。
GINGERのグラビアのニノちゃんは、それはそれは、素晴らしいっす!
どのショットも、かっこいいんですけど、
最後の1Pぶち抜きショットの表情が、とても好きです。
こーいう表情を、もし目の前でされたら、なんでも言うコト聞いちゃうよ(笑)
ってか。たぶん、まっすぐ目を見れないでしょうねぇ。素敵すぎて。


















特集ページは、6ページ。
こちらでは、『フリーター、家を買う』について、語ってくれています。
仕事に対するモチベーションは、なに?って、質問に。

自分たちが今こうして仕事をできてる環境は、
先輩たちが築いてきてくれた道。
それを自分の代で汚したくない
→それが、いちばんのモチベーションだと。

いろいろ外野が煩わしいなかで。
こうして、ニノちゃんがコトバに出して言ってくれるコトが嬉しい。
本当に。ドラマの主役をジャニーズが毎クール務めるなんて、
グループ名のついた冠番組を持てるなんて、
10年前じゃ、簡単なことではなかったから。
国立のコトも。潤くんが、ラジオで呼びかけてくれて、嬉しかった。
嵐の代で、汚して欲しくない。うん。(←嵐が決して悪いわけではないけど)
今じゃ、毎年のように国立で嵐に逢えるけど。
先輩が道を切り開いてくれたから、楽しい時間を過ごすコトができるんですもん。
先輩たちや、ニノちゃんたち嵐の想いが、また、後輩に引き継がれていく。
そういう関係って、ほんといいなと思います。はい。
















親子の関係について。

甘えたり、恩を仇で返すのが子供の役割なんじゃないかなって。
ボクは、そういうコトをしていい唯一の存在だと思ってて。


ニノちゃんらしい、コトバ選びだと思うんですけど。
ワタシも実際に親になって。思うんですよねぇ。
どんなに、どうしようもないコトをされても。
殴りたいくらいの、憎まれ口を叩かれても。
やっぱり、可愛いんです。そして、絶対に、嫌いになれない。
これが、恋人とか、オットとかの関係と違うトコですね。
ニノちゃんの言う、唯一の存在だと、ほんと思います。はい。
それが、ちゃんとわかってるニノちゃんって、やっぱり凄いなと。
育児放棄にも語ってくれてて。

産んだ以上は、ちゃんと責任を持って親をやるべき。
自分もしっかり子供をやり通すからさ。


ニノちゃんのこういう骨太さ、大好きです。
ほんと、なにか世の中がおかしくなってきてて。
当たり前のコトが、当たり前にできなくなってる。
ニノちゃんが言ってくれるコトが、ちゃんと伝わればいいな。。。
あっ、子供もしっかり、子供をやり通してくれたら、親としては最高です。
こーんなに親に対して、ある意味強気なのに(大歓迎!)
自分の彼女に対しては、食事を作ってくれたら、ちゃんと、
すみませんね。ありがとうございますね。って、
笑って言ってくれるニノちゃんが、彼氏なら理想かなと!


















毎日のよーに、アラシゴトが飛び交っていて。
CDの売り上げが、群を抜いていて。
いろんな媒体に、嵐の文字が踊っている渦中にいて。
きっと、誰よりも、冷静な目で、今を見つめているニノちゃん。
肩のチカラを抜いて、俯瞰で、嵐を見ているよーな気さえする。
だからといって、手を抜くわけじゃなくて、いつも全力。
そして、いつも、嵐を愛してくれている。
『SPUR』だったかな。

売れてなかった時からずっと、運よく、ボク達は、仲だけは良かったんです

そんなコトを話してくれてて(※コトバは、その通りではありません。)
なんかもう、そのコトバが、もの凄く印象的で。
ほんと、多くのコトを望んでないんだなと。
嵐が、ずっと嵐のままで、変わらずいられればそれでいい・・・と、
誰よりも、そう願っているのが、きっと彼ら自身なんだなと、
相変わらず、辺り騒がしい2010年9月の終わりに、感じたワタシでした。

category: 嵐 二宮和也

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lucky11go.blog103.fc2.com/tb.php/1072-9674426f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お知らせ

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム