FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Be with you

潤くん大好き♪嵐大好き♪嵐くんのおかげで日々充実♪

ヤマト試写会レポ。 

18:30 ヤマト試写スタート。
21:13 試写会終了。


木村さんが素敵すぎて。
スクリーンのヤマトに、大興奮して。
全てが終わった後、Sちゃんと、放心状態でした(笑)


レポをあげてくださーーい!って、ご要望がありましたので、
ほぼ、木村さんの様子だけになりますが、以下、レポです。
ストーリーのネタばれは、ありませんが、感想は書きますので、
どーぞ、ご了承のうえ、良かったら、続きをどーぞ!











司会者は、安藤TBSアナウンサー。
今宵の試写会には、なんと10万通の応募があったらしく!(驚愕)
1900枚当選(2人まで入場可能なので、3600人分)ということは、
52倍?の大激戦!当ててくれた友達に、感謝するばかりです。
2階席前方は、関係者の方が、ひじょーに多くて、
ワタシのお隣の方も、おそらく広告代理店っぽい感じの方でした。
ファン層的には、年齢層がかなり高くて、びっくり!(コラッ!)
一緒に入ったSちゃんは、20代なんで、
『Sちゃんが、いつもより、若く見える!』と、冗談言えるくらい(笑)
往年の木村ファンか、ヤマトファンが、集結した感じかなと。
チケット引換の時に喋っていた学生さんは、メイサちゃんファンでしたね。
ヤマトのコスプレされてる、ヤマトファンの方も見かけました。















安藤アナの前説のあと、
まずは、木村さんが一階後方から、一人で登場。2階からは、全く見えず。
(その様子が映るスクリーンを、見る感じです!)
通路をゆっくりと歩き、ときには、ファンと握手をしながら、花道壇上へ。
花道は、ヤマトにちなみ、青い地球をイメージした、綺麗なブルーカーペット。
他の出演者の方も登場し、全員で、花道先端辺りで一礼。
出演者の方は、山崎監督、メイサちゃん、柳葉敏郎さん、緒方直人さん、
高島礼子さん、池内博之さん、波岡一喜さん、斎藤工さん。
歓声は、半端ないです。 もーーー、地鳴りのよーな歓声です!
そして、花道を通り、メインステージへ。
やっと、リアルに見えた木村さんに、大感激! (ここまで、見えなかったんで)
衣装は、濃紺のベロアのスーツに蝶ネクタイ、白と濃紺のコンビシューズで、
フォーマルな装いが、ほんとに、良く似合ってました。
メイサちゃんは、ボディラインを強調した、黒の超ミニドレスに、ナマ脚。
あいかわらず、かっこよくて、セクシーでした。はい。













全員揃ったところで、
監督、木村さん、メイサちゃん、他出演者さんの順で、一人づつ挨拶。
以下、木村さんのコトバです。


えぇー。通常、映画の舞台挨拶というものは、本編の前に、
キャストが皆さんに、ご挨拶するのですが。
今回は、作品を見て頂いてから、ご挨拶なんで。
壇上に上がらせて頂く前には、
みなさんがどういう本編の受け取り方をしてくれたのか。
僕らを、どういう表情で迎え入れてくれるのか、
凄く不安に思うところがあったんですが。
みなさんの表情を、直接見ることができて。
言葉が必要じゃないなと。(←安堵の表情)
・・・凄く、高揚感に包まれています。
この作品に参加させていただけて、
スクリーンの世界を現実にしてくれたスタッフ、監督に感謝しています。
ありがとうございました!















このあと、一人づつ、挨拶があり。
波岡さんが、思いっきり関西弁で、面白かったです!(親近感超々!)
最初は、緊張した面持ちの木村さんでしたが、
池内さんや、波岡さんの順番くらいになると、
お隣の、緒方さんと談笑する場面も!
映画雑誌によると、緒方さんとは、初めての共演だったようですが、
役(親友役)が僕らを近づけてくれて、いつも一緒にいたと、
話してくれてた通り、仲の良さを感じました。















安藤アナから、『最後に、木村さん、メッセージを!』と促され。


えぇー。本当に何人ものキモチと熱意で、作り上げた作品だと思います。
今回、参加させて頂いて、本当に光栄です。
それと同時に、こういうものを作ったということに、
胸を張って、みなさんに楽しんで頂けるものだとココロから思います。
僕らが作った作品ですが、隅から隅まで、
・・・あとはもう、みなさんのものなんで、
思う存分、楽しんでください!
ヤマトについて、語らいでください!
今日は、本当に、ありがとうございました!


会場、割れんばかりの拍手と嬌声の渦。
















そして、キャスト全員、退場。
木村さんが、最後に、手をグーにして、腕を上に向けて、あげてくれました!
最後まで、なんて、かっこいい!
短い時間ではありましたが、木村さんが携わった作品を、
一番に見るコトができて、そして、どこか誇らしげな木村さんに逢えて、
本当に、本当に、幸せでした。
肝心の映画ですが。
ワタシ、ヤマト世代なので、ウタも歌えるし、アニメも浮かぶんですが、
そーんなに、ハマっていたわけではないので、
実写版で、全貌がわかった感じです。(木村さん、ごめんなさい!)
そんなワタシですが。映画は、ほーんとに引き込まれました。
敵対するガミラスとの戦闘シーンは、ずっと手に汗握る感じで、
ずっと、手にチカラをいれて、観ていました。
メイサちゃんとのラブシーンは、さすが木村拓哉だなぁと。
ほんと、女優さんを綺麗に魅せるコトができる人だなぁと。
そして、最後の30分くらい?は、ワタシは、ずっと泣きっぱなしでした。
愛する人や、家族を守るために、命をなげうって戦う姿に。
ギリギリの限界状態でも、仲間を想うキモチに。
先が見えないなか、わずかな希望へ向けて、前へ、前へと進んでいく勇気に。
・・・そして。エンドロールとともに流れるスティーヴン・タイラーの
『LOVE LIVES』が、ほーんとにぴったりすぎて。素晴らしすぎて。
さらに、涙が止まらず。。。ほんと、人間愛にあふれたストーリーでした。
まさか、ココまで泣けるとは・・・と言うのが、ワタシの正直な感想です。
特殊効果を売りにしていた作品かと思っていたので。
(↑日本最高峰のVFXチームの特殊技術を駆使した映像も、圧巻です!)
12月1日から、全国一斉公開される『SPACE BATTLESHIPヤマト』
たくさんの方に、ぜひ見ていただけたらと、思います。はい。

category: SMAP

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lucky11go.blog103.fc2.com/tb.php/1093-46ad3663
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お知らせ

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム