FC2ブログ
12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

Be with you

潤くん大好き♪嵐大好き♪嵐くんのおかげで日々充実♪

僕と妻の1778の物語。 

ツヨポンに逢ってきました!
そして。早く見たかった『僕と妻の1778の物語』も、もちろん見てきました!



以下、感想です。
ストーリーのネタばれあります。(内容には、ほぼ触れていません)
舞台挨拶については、いつものよーなトーク部分のレポはありません。
ごめんなさい!!!!!楽しすぎて、ツヨポンに夢中でした!









大阪での舞台挨拶は、TOHO梅田で、2回のみ。
そのうちの初回の方に、参加してきました!
映画上映→舞台挨拶の回になります!(2回目は、逆)













ワタシ。僕シリーズが、本当に大好きで。
初めて買ったドラマDVD-BOXは、木村さんではなくて、『僕の生きる道』初回盤!
そのあとの2つも含め、僕生き3部作は、何度見ても、飽きない。はい。
もちろんツヨポンの演技も、凄く魅力的なのですが(←これは、基本)
橋部敦子さんの脚本が、本当に秀逸で。
(ニノちゃんの、フリ家の脚本家さんです)
ストーリー的には、凄く重たい題材なのに、なぜかココロが温まり。
わざとらしい涙の演出をしていないのに、なぜか自然と泣けてくる。
セリフの一つ一つのコトバが、とても印象的で。
目を見張るよーな派手な内容は、全くなく、どちらかというと、凄く地味なのに、
飽きさせないどころか、どんどんハマっていく感じ。
書きだすと止まらないので、この辺りで(笑)
ワタシ。映画も、当然のよーに、橋部先生だと思ってたんですけど、
雑誌のインタビューで、違う方を起用したと聞き(大人の事情でしょうか?)
正直、どーなるんだろうって、残念なキモチの方が大きかったんですが。
実際、映画を見て。脚本的には、新鮮な感じがしました!セリフとか、特に。
ただ、基本的なストーリー展開や演出や劇中音楽的には、
僕シリーズの流れのままだったんで、良かったなぁと。












悲しい物語なんだけど。ツヨポン演じるSF作家朔太郎が、愛すべきキャラで。
思わずプッと、笑っちゃう場面が、たくさんありました。
そして、結子ちゃん演じるせっちゃんとの夫婦愛が、
優しくほのぼのと描かれていて。。。見ていて、ほっこりしました。
僕シリーズ常連の、大杉連さん、浅野和之さん、小日向文世さんが
出演されてるのも、凄く、嬉しかったし。
監督いわく、役者さんの方から、なんの役でもいいから、出してくれって、
熱望されたと、インタビューで話されてたんで、
浅野さん、小日向さんの登場シーンは、特に、楽しみで仕方なかったです!
TV版同様、ツヨポンのモノローグが、ふんだんにあるんですけど。
相変わらず、優しくて、穏やかな口調に癒されました。
その反面、感情をあらわにする場面も数回あるんですけど、
そーいう感情の起伏の表現が、ツヨポンは、ほんと上手いなぁと。はい。
このあと、ツヨポンの舞台挨拶があるんで、泣かないよーに努力してみたんですが。
やっぱり、泣けちゃって。かなり泣けちゃって(汗)












そして、上映終了後。関西TVの杉本なつみアナの司会進行で、
ツヨポンと結子ちゃんが、登場!
ツヨポンは、濃グレー?のスーツに、エンジの蝶ネクタイ。
結子ちゃんは、透け感たっぷりのトップスに、タイトミニに、ブーティー。
脚がとっても、細くてすらりとされてたんですが、なんと素足!
双眼鏡で、ガン見しましたが、とってもお手入れされた脚で、うっとり!
もちろん、お顔も、とっても美しくて、さすが女優さんって、感じでした。
ツヨポンは、最初の挨拶から、たどたどしくて。
コトバがつまるたびに、温かい笑いや、声援が飛び交う、和気あいあいな雰囲気。
ツヨポンって、スターなんですけど、オーラも凄いんですけど、
なぜか、ツヨポンがんばれって、思ってしまう親近感を醸し出していて。
スマの他メンが、もしも同席していたら、ツッコミまくりだろう的な(笑)
そんな和やかな、温かな笑いに溢れた時間でした。
結子ちゃんの方が、どちらかというとトークが上手くて。ツボも押さえてて。
そして、おそらく大半がツヨポンファンだというコトも、ちゃんと心得てる風で。
竹内結子、さすがだなぁと、Yちゃんたちと、感心しきりでした。
ツヨポンもね。やったらと、ねっ、結子ちゃん?と、同意を求めてましたし(笑)
ツヨポンの方が、こーいう場面は、得意でなきゃいけないでしょ!
ツヨポンの方が、ずっと年上なんだからっ的に、
Yちゃんたちと、のちほど、ご飯トークでつっこませていただきました(コラッ!)










一連の挨拶のあと、杉本アナから、関西ならではのゲストが来ています!って、
前触れがあり、吉本新喜劇の音楽が、流れたんで。誰かなって、思ってたら。
阪神タイガースのマスコットの、トラッキーと、ラッキーが登場。
トラッキーは、ツヨポンと。ラッキーは、結子ちゃんと、ハグ。
トラッキーったら、羨ましいぜっ!
そのあと、今日は、節分ってコトで、観客に向かって、個包装の豆まき。
しかも、舞台から降りて、最前列激近付近からの豆まき!(凄すぎ!)
ワタシ。ちょうど、中腹から、やや後ろだったんで、傍観者だったんですが。
前方席の方の争奪戦が、結構、凄かったです!
そのあと、豆ではなくて、栗?を投げるコトになったんですが、
とにかく、投げるには危険な重さだったよーで。
ツヨポンは、自ら、投げるコトをせず(←たぶん、危ないと思ったんだと)
最前列舞台に向かって、左側のファンに近づいていって、なんと、手渡し開始。
なんかね。普通だったら、将棋倒しになるかもしれないくらいの接近だっだんですが、
ココが、ツヨポンらしいというか。なぜか、大騒ぎにならないんですよねぇ。
昔。ツアーでアリーナ練り歩き演出があったんですが。
ちょうど、ツヨポンが通る通路の柵横で、ツヨポンの肩にタッチできたんですけど。
柵横のファンのタッチが、みなさん、ほんとにソフトで。
ツヨポンも、触れるよーに、ギリギリの辺りを歩いてくれて。
腕を引っ張ったりするよーな過激な人もいなくて。なんだか和やかで。
そのときのコトを、ふと、思い出しちゃいました。はい。










そのあと。会場のファンと一緒に、フォトセッション。
ワタシは、サイドブロだったんで、まーー、映りませんけど(笑)
この様子は、明日の関西TV14時からの、あっぷで特集してくれるそーです!
退場は、登場と同じく、舞台に向かって、右側の前方の扉から。
このとき、ずっと、会場に向かって、手を振ってくれてたんですけど。
最後の最後に、わりと近い距離で、こっちの方を向いて手を振ってくれたんで、
もーーー、大満足でした。はい。
残念だったのは、ワタシ達の前の席の3人組が、ツアーうちわを持参したうえに、
高くあげる!あげる!まさかの、舞台挨拶での、うちわ被害(怒!)
1回は、注意しましたけど、最後の方は、あげまくってましたねぇ。
舞台挨拶に、通常、うちわはNGなので、ほぼ、ゼロに近い会場のなかで、
空気を読まない自分勝手な人たちが混じっていたのは、ほんと残念。
目立ちたいのは、わかりますけどねぇ。いい大人なんですし。うん。。。












トークレポでもないのに、長々とすみません。
残念なコトは、ありましたけど、ツヨポンに逢えて、凄く嬉しかったです!
忙しいスケジュールのなか、大阪に来てくれて、ありがとう。
ワタシ的には、ツヨポンの、結子ちゃん呼びが、大好きなんで(超ツボ!)
ナマで、何回も聞けて、ほーんと、幸せでした♪
次に逢えるのは、いつなのか、わからないけれど。
できれば、今年の夏に、笑顔のツヨポンに逢えるといいなと思ってます!
そうそう。ツヨポン、皇后さまと一緒に映画を見れたコトが、
ものすごーく嬉しかったみたいで。そのくだりを、嬉しそうに話してくれて。
最後に一言の時にも、まだ、皇后さまが・・・って、言いだして、
会場の笑いを、さらってました!
皇后さまのハナシをする時のツヨポンが、ほんと子供みたいに喜々っとしてて。
こーいうトコが、ツヨポンらしくて、大好きなんだなぁと、再確認。
なんだか、ココロが洗われたよーな、温かな時間でした。ツヨポン、ありがとう。

category: SMAP

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lucky11go.blog103.fc2.com/tb.php/1160-415949fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お知らせ

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム