07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Be with you

潤くん大好き♪嵐大好き♪嵐くんのおかげで日々充実♪

GANTZ。 

2つ続けての記事に、本当に、びっくりするくらいの拍手を頂きまして。
本当に、本当に。ありがとうございます!
ヲタヲタしまくりのワタシですが、今後とも、どうぞよろしくお願いします!


ものすごーく、出遅れ感たっぷりですが。
今日、仕事帰りに、松本会の面々で、『GANTZ』を見てきました!
グロい、グロいと、いろんなトコで聞いていたので、
誘ってもらわなかったら、前売り券を捨ててたかも!(えぇーーー!)
以下、簡単ですが、感想です。ネタばれしています!
お断りですが。ワタシ、GANTZ原作も、未読ですし、
GANTZ関連雑誌も、ほぼ未読です!(←自慢にもならない。汗)
要は、TVCM及びPR番組くらいの情報しかないまま、鑑賞しました!
なので、的を得てなかったり、意味を履き違えてるかもしれません。
どーか、その辺は、軽く優しくスルーでお願いします(懇願!)







1回しか観てませんが。
とにかく、一番強く思ったのは、にのちゃんは、やっぱり凄いってコト!
もーーー、役者として、素晴らしい安定感!
ほんと、ゆっくり、どっしり、リラックスして、見れましたもん。
これって、簡単なようで、なかなかできませんし。
おまけに、睡眠不足でしたので、通常、どこかで、ウトウトしがちなんですけど、
GANTZに関しては、一度も眠くならなかったです。はい。
そして。心配していたグロさですけど、ワタシ的には、全く大丈夫でした!
よく考えたら、ワタシ、学生の頃から、B級ホラーとか大好きだったんですよねぇ。
なので、GANTZの血しぶきが飛んだりとかのグロさは、平気でした!
どちらかというと、音響効果で、びっくりさせられたりとかの方が弱いかも!
スプラッシュ系が苦手な方には、特に前半は、ツラいかもです!













あとね。次回作の結末は、よくわかりませんけど、
今回は、絶対に、にのちゃんが死なないって、わかってるんで。
(2部作の主役が、1作目で死ぬとは思えない。笑)
これが、なんといっても、一番楽に見れた要因かも!
お話とはいえ、にのちゃんが死ぬのは、ツラいですもん。
そして。さらに、映像のグロさを軽く帳消しにできるくらい、
にのちゃんが、超絶、素敵ってコト!
ワタシのなかでは、グロさ<にのちゃん萌えが、完全に勝ってましたから。
ガンツスーツで、銃を構える姿なんて、二宮担になりたいくらい絶品でしたし。
普段の、存在感の薄い、玄野くんも、なにげに魅力的ですし!
もーーー、全編通じて、にのちゃん萌え祭りでございました!










あと、玄野くんのココロの変化の演じ分けも、素晴らしかったです。
ワタシ見ですが。
自分の本意とは関係なく巻き込まれてしまったので、前に出たくないという、
主体性のない、どこか投げやりな態度、言動。
『オレならできる!』自分だけで、星人をやっつけてやろうという、
自身のチカラをどこか過信しているような態度、言動。
『待ってる人がいるんだ、だったら一緒に生きて帰ろう』『行こう』
表情も、話す口調も、どこか穏やかで。一皮むけた印象。
この辺りの、大きく分けて3段階の玄野くんのココロの変化を、
絶妙に、演じ分けてて。ほんと、同じ人とは思えない。
にのちゃんのセリフも、一つ一つが凄く印象的で。
特に、今、記載したCMで露出していたセリフ3つは、
本編で見ると、本当に秀逸でした!はい。












相方の、松山くんの凄さは、言うまでもなく素晴らしかったんですけど。
夏奈ちゃんが、かなり良かったです!
さすが、300人のオーデションから選ばれただけのコトはあるなぁ。
松山くんとの2人のシーンも、素敵でしたし。
奏多くんは、ああいう斜めっぽい感じは、やっぱり十八番っぽいですし。
(ヒミツの花園のひなた君を、彷彿させました~!)
どういう風に蘇るのか、ワタシには、わかりませんけど、
次回作も、大注目して見たいと思います!
なんの役だかよくわかりませんが、山田くんも楽しみ♪











GANTZ。
ちゃんと映画館で観れて、良かったです!
凄く、面白かった!(予想していたよりも、かなりーーー!)
原作を知らなくても、予習をしてこなくても、簡単にGANTZの世界に入っていける、
監督の演出、ストーリーは、ほんと上手いの一言!
そして、その演出、ストーリーを鮮やかに彩れる、主役の2人と、脇を固める人たち。
正直、この人は誰?的な役者さんが多かったんですけど、
逆に、色に染まってない感じで、GANTZの世界に没頭できて。
その辺りも、緻密に計算されてるんだなって、感心しました。はい。
改めて。にのちゃんと松山くんの役者としてのクヲリティの高さも、
目一杯、感じるコトができましたし。相性の良さも、ひじょーにわかりましたし。
グロさなんて、大したコトではないと思えるほど、魅力的な2人でした。
今さらですが、やっとやっと見るコトができて。
次回作が、早くも、楽しみでしかたないです!ドキドキわくわくしちゃってます。

ニノミヤカズナリは、やっぱり凄い人だ!うん。

category: 嵐 二宮和也

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lucky11go.blog103.fc2.com/tb.php/1165-6f9d9bf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お知らせ

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム