FC2ブログ
12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

Be with you

潤くん大好き♪嵐大好き♪嵐くんのおかげで日々充実♪

あゝ、荒野 10月29日さいたま初日レポ、その1。 

連日、たくさん拍手をいただきまして、
本当に、いつもいつもありがとうございます!とっても、嬉しいです。


初日の潤くんは、ファンに心配すらさせないくらいの安定した演技っぷりで。
ほんと、はじめから終わりまで、ひたすら魅了させられました。
以下、初日レポその1です。ひとつにまとめたかったんですけど、
そうすると、なかなかアップできないため、苦肉の策をお許しください。
ストーリーのネタバレも、レポ的には必要ですし、がっつりあります。
構成や演出、潤くんの見どころや様子も、書かせていただこうと思ってます。
なので。ちょっとでもネタバレが嫌な方は、ここからは、スルーしてください。








ワタシ。舞台は、昔から大好きなのですが。蜷川舞台は初めてになります。
なので、蜷川舞台では、もしかしたら定番の演出なのに、
それも知らずに、驚いたりしているかもしれませんが、ご容赦ください。
そして、舞台は、ネタバレなしで見たいタイプなので、原作は読んでいません。
もしかしたら、蜷川さんの意図とは違うことを思ってしまっているかもです。
広いココロで、読み進めていただけたら、ひじょーに嬉しいです!







ワタシとYちゃん(@松本)が席に着いた時(20分前くらい?)
すでに舞台にたくさんの役者さんが、ウォーミングアップみたいなコトを
されていて。観客席の通路を通って、舞台に上がってこられる方もいるし、
中には、タイガーマスクみたいな仮面をかぶって登場された方も。
これは、演出の一部なのか、なんなのかわからないままに、
開始5分前くらいから、エクササイズ、ダンス、なわとび、ボクシング、タップ。
と、さまざまなパターンで役者さんがパフォーマンスを始め。
最初、ざわついていた観客席も、徐々に、そのパフォーマンスに引き込まれていく。
そして、本編が、そのまま始まる。(幕は、最初からない状態)




が、しかし。いきなり演歌歌手のオンステージ。ものすごーく怪しい雰囲気。
冒頭から、凄いインパクト!
これが、蜷川演出なんだぁ、、、と、ものすごく新鮮なキモチなワタシ。
イメージは、昭和のネオン街。さまざまな人たちが、街を行きかう。

そして、、、きたぁ!!!
動いてるトラックの運転席の上で、威風堂々と立っている、
白いスーツ姿の松本潤登場。
息もできないくらいの、目を見張るくらいの、かっこよさ。
この時点では、台詞は一切ないけれど、
潤くんの目ヂカラの強さ、みなぎるパワーに圧倒され、
もーーーー、すでに、松本潤から絶対に目が離せない始末。
いつものにこやかに笑ってくれているアイドル松本潤の面影は全くない。
威圧感。枯渇感。ワタシの見たかった松本潤が、そこにいた、、、









ストーリ設定は、1960年代の新宿。
うらぶれたラブホテルの様子が、シュールに描かれている。
最初に、小出くん扮するバリカンが、観客席後方から、上手通路を通り、登場。
 
※上手=観客席から見て、右手。
  下手=観客席から見て、左手。
  通る通路は、おもに、上手20-21の間、下手10-11の間



バリカンは、娼婦に連れられて、ラブホテルに入るも、性行為に及べない間に、
ホテルの手違いで、松本潤扮する新次が、ナンパした女と入ってくる。
(※バリカンと娼婦は、クローゼットに隠れる)
もーーー、いつもの優しく穏やかな潤くんじゃなくて。
ムショを出たばかりで、ギラギラしてて、いわゆるチンピラ風情。
白のスーツ、赤いアロハシャツ、ビーサン、オールバックのヘアスタイル。
女が、あまり喋るオトコは、好きじゃない的なコトを言うと、

オレも、あんまり喋らないぜっ、あの時はな!

うわっ、覚悟して見始めましたけど。日頃の潤くんの口からは、
間違っても、出てこないコトバに、ドギマギ。
台詞だけでも、じゅうぶん刺激的!
そして、洋服を脱ぎだし、上半身があらわに。想像以上に、細い!
そして、ベッドシーンへ。
性行為自体は、シーツをかぶった状態なので、実際には見えませんが、
着ていた服が、どんどんベッド下に落ちていくので、ものすごーくリアル。
シーツも、もちろんそれなりに動きますので(笑)
なんかもう、不埒なファン心理が、頭の中をチラホラ(コラッ!)

オレ、凄いだろ!

メモを取ってない部分なんですけど(←見とれてしまって。笑)
たしか、性行為の途中で、こーいうコトを言うんですよっ!あの潤くんが。
そして、行為が終了したあとに、パンツ一丁の姿で、リアル喫煙シーン。
煙草に火をつける仕草も、ものすごーく、さまになってます。
こういうのも、日頃見れないので、思わず双眼鏡で見てしまいました。
この日、ワタシは、下手サイドブロック前から5列目なのに、双眼鏡って(爆!)
で、たしか、ココで、相手役の女優さんから、生キス!
なんかもう、刺激的な絡みがリアルに展開されていく物語冒頭。
真顔で演技する潤くんを、なにひとつ見逃したくないんですけど、
不埒なファン心理が頭をよぎり、ほんと、ヲタクはやっかいです(コラコラッ!)







行為の後、寝てしまう新次。ナンパされた女は、新次の財布を盗んで、出ていく。
この、ただひたすら寝る演技が、やたらと長いんですけど。
(その間、他の役者さんの演技が、ずっと続きます!)
微動だにせず、ずっと寝る演技をしている潤くんから、また目が離せないワタシ。
少しでも動いたら、せっかくの舞台が死んじゃいますもんね。
動くより、逆にしんどいんじゃないかと素人的には思うので、大変なシーンかと。
寝ている途中、突然立ち上がり、寝言を言うんですけど。
この時も、もちろんパンツ一丁姿。腕にチカラを入れて、台詞を言うんですが。
手の甲の血管の浮き方が、尋常じゃないです。
そして、足の膝のお皿の部分のくぼみも、びっくりするくらい凹んでます。
本当に、全身、無駄な肉が全くない状態。ココまで、痩せていたとは!





目を覚ますと、横に寝ていた女がいないコトに焦る新次。
財布を盗まれたコトに憤慨し、絶対に探し出してやる!と息巻き、部屋を後にする。
(※バリカンは、新次が寝ている間に、確か、先に部屋を出たかと)
次に、部屋に入ってきた早稲田大学自殺研究会のカップルと、
他人の性行為を見るのが趣味という中年男性の
奇妙な3人連れが、娼婦の死体を発見。
(※娼婦は、バリカンが殺害したんじゃないかと思わせる設定)
大学生カップルの取り調べシーンのあと、
新宿のネオン街を、さまよい歩く新次が、再度登場。
やくざのよーな男に絡まれ、やられるかと思いきや、逆に男をボコボコにする。
その様子を見ていたボクシングジムのコーチ(勝村さん)にスカウトされ、
ボクサーになるコトを決意!
そして、二人で、上手通路を通り、はけていく。




物語冒頭で、まず思ったのは、潤くんの声が、他の役者さんたちと遜色なく、
ちゃんと、通っていたコト。台詞も、キチンと聞き取れました。
当たり前と言えば、当たり前かもですが。
以前、某元アイドル歌手主演(今は、映画女優さん)の舞台を見に行きましたが、
びっくりするくらい、声がかすれていて、聞き取りにくかったんです(千秋楽)
舞台を生業とされている方たちとは違うんだなって、そのとき思いました。
なので、初めて見る板の上の潤くんも、そこが、最初に心配していた部分なんで。
ワタシが心配してどーするのって、ハナシですけど(笑)
しっかり発声練習もしたんだなって、最初の台詞を聞いて、
なんだか安心した、心配性なヲタクでございました。はい。
通路もね。最初に通路を通った小出くんは、全く問題なしでしたが。
潤くんが、あの細い通路を通るときに、どーなるんだろって、
ほんの少しだけ、不安だったんですけど(←ライブのときなら、無理ですし!)
でも。会場の誰一人として、騒いだりしなくて、
潤くんが普通に演技しながら通路をちゃんと歩けたんです。
これも、当たり前のコトなんですけどね(苦笑)
蜷川さんも、潤くんも、観客を信用してくれているからこそ可能なコトだし。
会場全体が、この舞台に参加してるんだなって、なんだか嬉しくなりました。
誰かが、迷惑な行為をしたら、その時点で、舞台が壊れちゃいますもんね。
そういう意味で、ワタシの入らせていただいた初日は、マナーが凄く良かったです。
なので、潤くんも、きっと、演技に集中できたんじゃないかと。はい。




このあと、ボクシングジムに舞台は移ります。徐々に、アップさせていただきます。

category: あゝ、荒野

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lucky11go.blog103.fc2.com/tb.php/1248-610eff7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お知らせ

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム