09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Be with you

潤くん大好き♪嵐大好き♪嵐くんのおかげで日々充実♪

あゝ、荒野 10月29日さいたま初日レポ、その2。 

初日レポの続きが遅くなってしまってすみません。
それから。つたない初日レポその1に、たくさんの拍手をいただいて、
ほんとに、ありがとうございました。



初日レポその2になります。
ネタバレ、がっつりありますので、知りたくないかたは、
ここから先は、読まないでくださいね。








前回のレポの続きになります。
が、しかし。この辺りから、舞台に没頭し始めましたので、
ごく簡単なメモしか取っていません。
潤くんが、どの通路を歩いたとか!(←これ、ポイント!)
原作等もまだ購入していませんので、ストーリー的には、薄いレポになります。
ほんと、すみません(汗)詳しい話の流れは、本を読んでください!(えぇーー)





場面は変わり、場所は、プロレスジムの練習場。
コーチの勝村さんと、バリカン(小出くん)が、談笑中。
会場の下手通路を後ろから、新次(潤くん)が、登場。
まさか、潤くんまで通路を通ってくれるとは、思ってなかったので、
さーらに、ワタシは下手通路近くの座席だったので、ほんと息が止まりそうでした。
とはいえ。絶対に、声は出してはいけないので(←ココは、死守!)
隣のYちゃんと、手を握り合いながら、お互いのキモチを確かめ合いました(笑)
ほんと、ココまで近い距離で潤くんを感じるコトができるなんて♪


そして。舞台に上がり、コーチとバリカンに近づく新次。
これが、バリカンと新次が、初めて出会い、会話をするシーンになります。
ギラギラした自信満々の新次と、吃音に悩むおとなしいバリカン。
そのキャラの違いの対比がよくわかるよーな、初対面の挨拶。
勝村さんがねぇ。ほんと、いいキャラで、キチンと笑いを取ってくれて。
さすがだなぁって、思いました。笑いがあると、やっぱり舞台は楽しい!


どー考えても、正反対の2人でしたが、その後、まるで兄弟のよーに、
仲良く一緒にトレーニングをする仲に。。。
ココで、会場を、仲良く二人でランニング!
上手通路を通り、たぶんQ列の後ろを通り、下手通路を舞台に向かって
ランニングする感じになります。要は、会場一周です!(素晴らしい!)
で、ココで嬉しいサプライズ!
下手通路から、そのまま舞台にあがるかと思いきや、まさかの進路変更。
CD間の通路を左に曲がり、関係者出口から出ていくんです!
ワタシゴトばかりで、申し訳ないのですが(笑)
ワタシの2席前の通路を、颯爽と、松本潤が走り去っていくんです!
うわぁ、、、ありえないほど、美しい。そして、近すぎる。
もちろん、Yちゃんと手を握り合っていたのは、言うまでもありません(笑)










場面は変わり。場所は、カフェ。
テーブルの間を歩きながら、財布を盗んでいった女を探す新次。
が、しかし、なかなか女は、みつからない。
そのカフェにいた客たちと会話するうちに、
自身の試合のチケットをさばきはじめる新次。
その姿は、必ず勝つという、自信に満ち溢れている。



そして、また、場面は変わり。場所は、ネオン街の酒場。
新次は、コーチと祝杯をあげていた!なんと、7連勝だという!
新次のみなぎる自信は、嘘でもなんでもなく、本物だった、、、


19時40分、1幕終了。15分休憩。19時55分、2幕開始。
さいたまの場合ですが、トイレは、充分にありましたので、
15分の休憩でも、余裕がありました。





財布を盗んだ女(芳子)が、一人、街で立っているシーンから2幕は始まる。
そこへ、舞台後方から、新次が登場。やっと、芳子を見つける。
逃げる芳子を捕まえ、お金がないなら、カラダで返せと迫る新次。
こんなシーンでも、下品にならないのが、潤くんならでは。
ヲタク的には、またまた不埒な思いが、浮かんでは消え(笑)
原作を知らないワタシは、この後、さらーに不埒な思いになるとはつゆ知らず。
そして、芳子の肩を抱きかかえながら、暗闇のネオン街に消えていく。
(↑たしか、そんな感じで去って行ったかと、、、)







場面は変わり。場所は、夕暮れの公園。
バリカンが、下手通路後方から、ジョギングしながら、舞台へ向かう。
そして、新次とバリカンの2人だけのシーン。
このシーン、凄くいいんですよねぇ。
2人で、、、とはいえ、ほとんど潤くんが喋ってるよーな印象ですけど、
2人で、ボクシングへの想い、夢を語り合うんです。
またまた、ワタシゴトになりますが。
夢を語り合うのに、ジャングルジムのてっぺんまで登って、そこに座るんですが。
ジャングルジムが、下手に設置されてるんです。そーです!
ワタシ的には、目線もばっちり、目の前でございます!(←素晴らしいブロック)
大好きなシーンだったんで、ほんと、嬉しかったです。はい。
ジャングルジムのてっぺんで、バリカンに見せる新次の笑顔がね。
本当に、最高に素敵な笑顔で。
この笑顔にくぎ付けになったのは、言うまでもありません(笑)








場面は変わり。たしか、ボクシングジムのコーチ室?(ちょっと自信ありません)
バリカンが、コーチに、いきなり、ジムを辞めたいと言い出します。
驚くコーチ。ついでに、ワタシも驚く(笑)
とはいえ、ここで、ストーリーをしらないワタシも、なんとなく察しがつきました。
なかなか勝てなかったバリカンも、ココに来て、勝利試合が増えてきたが。
バリカンが、戦いたい相手は、この世で、ただ一人だけ。
そう、兄のよーに慕っている、大好きな新宿新次。
大好きだけど、とても大切な人だけど。どーしても、戦いたい。
自分が、生きた証しとして。
そして、葛藤しながらも、バリカンの出した答えが、所属ジムを去ることだった。
そーしないと、新次と戦えないから、、、
バリカンの強い意志に負け、残留を進めていたコーチも、折れる。




なんかもう。この後の結末が、わかってきて。
胸が締め付けられそーでした。
バリカンは、死ぬつもりなんだろう。その相手として、新次を選んだ。
新次は、どんな想いで、この試合を受けるんだろうか。
あんなに可愛がっていた、弟のようなバリカンなのに。


ストーリー的には、自殺研究会のくだりなども、ふんだんに盛り込まれています。
ほんとに申し訳ないのですが。まったくメモを取ってないので、割愛しています。
蜷川舞台は、難解だとよく聞きます。確かに、わからない演出もありますが、
ハナシの流れ的には、比較的わかりやすい舞台かと。(←ワタシ基準)
まーーー、ワタシが相当、真剣にのめり込んで見てるせいもあるんですけど(笑)
だって、潤くんが、本当に熱演で。ココまで一生懸命、演じてくれているのに、
観劇しているワタシが、気を抜くわけにはいかないので。
潤くんの発する一字一句、聞き逃したくないくらいの、必死さで見つめていました。
たぶん、周りのかたも、一緒だったと思います!(←ものすごく静かだったので)





このあと。1幕に引き続き、潤くんのベッドシーンへと続きます。
初日レポは、その3で〆たいと思っていますので、なるべく早くがんばります。
明日も、仕事なんで。その2は、ここまでとさせていただきます。すみません(汗)

category: あゝ、荒野

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lucky11go.blog103.fc2.com/tb.php/1253-16993c57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お知らせ

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム