07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Be with you

潤くん大好き♪嵐大好き♪嵐くんのおかげで日々充実♪

あゝ、荒野 12/2 千秋楽カーテンコール。 

東京は、びっくりするくらいの極寒でしたけど。
ココロのなかは、ポカポカ温かい2日間でした!



いろいろレポがたまってしまっていますが。
本日、千秋楽のカーテンコールの様子を先にあげさせていただきます。
とはいえ。やっぱり、ずっと、潤くんをみつめていたくて。
そして、拍手も、ずっとしていたかったんで。
メモらしいメモがとれていません。ほんと、ごめんなさい。
なので、ワタシの記憶がすべてです!かーなり、自信はありませんが。
がんばって、記憶を蘇らせながら、書き綴ってみようと思います。



以下、千秋楽のカーテンコールの様子です!
雰囲気だけでも、伝われば、、、と思います。






今日の舞台は、ラスト公演というコトで。
かーなり、演技にチカラが入ってたように、思えました。
まさに、熱演!
ボクシングの試合も、本気度がグーンとアップしたような感じで。
相当、迫力のある打ち合いになっていました。
潤くんは、噛みしめるかのよーに、ひとつひとつのコトバを発していたよーな、
そんな風に、ワタシには、聞こえてきました。
会場で、ワタシが確認できた芸能人のかたは、岡本健一さん。
昨日の、まるちゃんのお席で、ご観覧。
そして、ワタシとYちゃんの席の、斜め前に、野田秀樹さんが!
カテコの2回目まで、いてくださって。しかも、最初から立ち上がって、
一生懸命、拍手をしてくださってました!
そんなカテコの様子を、思い出しながら、ご報告。






バリカンの死亡宣告。そして、新次の絶叫!暗転から一転、会場が明るくなり、
『Creep』の明るい音楽とともに、最後のカーテンコールがはじまる。
リング上には、勝村さん、小出くん、潤くんの3人。
勝村さんが、いつものよーに、労をねぎらうかのよーに、
2人の肩にバスタオルをかけてくださるんですけど。
このときの3人の表情がもう!無事終わった安ど感からなのか、
やり終えた達成感からなのか、ものすごーくニコニコ微笑みあっていて。
思わず、双眼鏡で凝視したくらい(笑)楽しそーでした!
そして、そのまま3人で内側をむいて、ハグ!!!
夢のよーなシーンに、大興奮なワタシとYちゃん(笑)
ハグのまま、リングともども、舞台後方に、いったんはける3人。
他の共演者のみなさんが、順番に、登場されるんですが。みなさん、笑顔で!
最後に、後方から、勝村さん、小出くん、潤くんの順で、歩いて登場!
拍手と歓声が、一段と大きく館内に鳴り響く。
潤くんが、他の共演者のみなさんを、舞台にうながし、全員勢ぞろい!
潤くんの手振りで、上手、下手、センターの順で、会場にご挨拶。
何度も、何度も、深々と頭を下げる潤くん。でも、とっても嬉しそう!
そして、いったん全員で、後方へはける。







2回目は、全員で後方から、再登場!みなさん、とっても楽しそう!
再度、何度も何度も、深々と頭をさげて、感謝のキモチを表してくれて。
その姿を見てるだけで、涙が止まらなくて、、、
最後は、小出くんと潤くんだけが、舞台の上に残り、2人で、お辞儀。
手に付けている、ボクシンググローブで。
お互いの健闘をたたえるかのよーに、片手で、タッチ!
上手の方に、2人ではけていく。
そのときに、小出くんの背中を、ポンとたたく潤くん。
そのあと、潤くんが、がっつり小出くんの肩を抱きながら、はけていく。
ちらりと横顔がみえるんですけど、ほんと、笑ってて♪微笑ましい光景!







3回目は、潤くんが1人で登場。センターにたち、すぐに、下手の方を手招き!
その仕草は、初日カテコを彷彿させたんですけど。
下手から、蜷川さんが、ニコニコ笑って、舞台センターへ登場。
そして、天井から、真っ赤な紙吹雪が、ひらひらと舞い落ちてくる。
ものすごーく綺麗な光景に、会場、大盛り上がり!潤くんも、嬉しそう!
蜷川さんが、潤くんと、握手&ハグ!!!!!潤くん、超ニコニコ顔!
他の出演者も、再登場し、全員勢ぞろい。
センターは、勝村さん、蜷川さん、潤くん、小出くんだったんですが。
上手の方から、井出らっきょさんが、呼び出され。
潤くん小出くんの間に、入って、蜷川さんと握手。かーなり似てるんで、
会場も、みんな笑ってました!ほんと、雰囲気、そっくり!
みなさん、紙吹雪に大喜び!荒野の舞台には、赤がとてもよく似合う!
共演者のみなさんが、先にはけて、潤くんがひとり舞台の上に、残る。
この時点でも、まだ少し、紙吹雪が舞っていたんですけど。
天井の方を、見上げながら。舞い落ちてくる紙吹雪を、
手を差し出しながら、愛おしそうに見つめる潤くん。なんて、可愛い!
そして、下手の方へ、はけていく。






ココで、完全に場内が明るくなり、館内放送!でも、拍手は鳴り止まない。
この時点で、カテコではおなじみの『Creep』から、
『青い影』へと、音楽が切り替わる!この曲も、何度聞いても大好き!
小出くんと潤くんが、2人で登場!会場から、ブラボーの声も聞こえる。
小出くんが上手側、潤くんが下手側の共演者を、手招きで舞台へと呼び、
再度、全員で、ご挨拶。
このとき、小出くんのお隣は、殺された娼婦役の女優さん。
女優さんの頭に、赤い紙吹雪がたくさん乗っていたのを、
小出くんが、優しく、取ってあげる仕草。なんて、優しい♪
潤くんのお隣は、勝村さん。二人で、再度、がっつり握手!
この舞台、勝村さんがいてくださることで、ものすごーく安心感があったんで。
潤くんと共演してくださって、感謝のキモチでいっぱいです。
勝村さんがいてくださって、ほんと良かった。
そして、先に、共演者の方がはけて、潤くんがまたひとりで舞台に残る。
何度も、頭を下げる潤くん。その姿は、充実感でいっぱいに見える。
下手の方向に、去っていくが、手前で立ち止まり、会場の方を向き、
再度、ココで、お辞儀。下手へ、完全にはける。







通常は、これで終了!なんですが、今宵は、千秋楽というコトで、
まだまだ、会場の拍手が、鳴り止まない。
その拍手に応え、潤くんが、ひとりで登場!
センターに立ち、両手を合わせて、ありがとうのジェスチャー。
上手と下手に手招きをして、再度、全員登場!
そして、サプライズなのかな。再度、天井から、赤い紙吹雪が舞い落ちる。
これには、出演者のみなさん、大喜びで、
会場に向かって、紙吹雪を投げいれてくださる方も。
みなさん、子供みたいに、笑ってて。その姿に、ワタシまで、嬉しくなってきて。
舞い落ちた紙吹雪は、まるで、赤い絨毯のように、ものすごく綺麗で。
千秋楽を、より一層、華やかなお祝いの舞台に、魅せてくれる。
潤くんも、もちろん、ニッコニコ。



ココで、音楽が、戸川純さんの『蛹化の女』に変更。この歌も非常に印象深い。
センターで、にこやかに笑いながら、潤くんが、会場の方に向かって拍手!!!
ちょっと、嵐コンがよみがえっちゃいました!会場のみんなに拍手!って感じ。
そのあと、小出くんと潤くんだけが、下手の方で立ち止まり。
2人で手を繋ぎ、両手をバンザイするかのよーに、上へあげる仕草。
会場、歓声と拍手で、大盛り上がり!!!
その後、潤くんが小出くんの肩を抱いて、下手へはけていきました。
最後まで、本当に、仲の良さがうかがえる、そんな2人でした。



そして。本日は、、、と、会場のアナウンスが聞こえ、カテコ終了。
舞台上を埋め尽くしている、赤い紙吹雪だけを残し、
本当に、本当に、『あゝ、荒野』の幕が降りました。
潤くんのコトバは、いっさい聞けなかったけど。(←想定の範囲内)
コトバなんてなくても、幸せそうな笑顔をみせてくれて、
最後まで、素晴らしい舞台を、やり遂げてくれて、
それだけで、ワタシにとっては、じゅうぶんすぎるくらいでした。








舞台が決まったときは、不安の方が大きい心配性な松本ヲタでしたが。
それでも。潤くんには、なんとか、死ぬ気でがんばってもらって、
(↑潤くん、上目線でごめんねぇ!)
こんな風に、晴れやかな笑顔で、千秋楽を迎えて欲しいと、切に願っていました!
現実には。ワタシの想い描いていた以上に、
晴れやかで、すごく満足げで、達成感に満ち溢れた、
そんな潤くんの笑顔に、ちゃんと出逢えるなんて!ほんと、夢見たいで。
そう、なんだか、ずっと夢の中にいるよーな、そんなカーテンコールでした。
他の共演者のみなさんとも、ものすごく和やかな雰囲気で。
カーテンコールの様子を見ているだけでも、
潤くんが、居心地の良い時間を、過ごせたんだなってコトが、伝わってきて。
多忙なトップアイドルでありながら、贅沢すぎる時間を味あわせてもらえて。
周りのスタッフのみなさん、嵐のメンバー、
そして、蜷川舞台に携わったすべてのかたがたに、感謝のキモチでいっぱいです。

潤くん、本当に良かったね。油分をとらないストイックなまでのカラダつくり。
難解な原作、独特の言い回しの台詞の数々。ココロの葛藤。淫らな描写。
そして、相手の呼吸を読まないといけない、激しいボクシングシーン。
なにもかもが、とても高いハードルだったと思うけど。
見事にやりきった潤くんは、ひとまわりもふたまわりも大きく強く成長して、
今まで見たこともない、役者松本潤として、魅了しつくしてくれた。
もう、新次に逢えなくなるのも、すごく寂しいし。
こんなにも身近で潤くんを感じることも、終わっちゃうんだなぁと思うと、
なんだか、まだまだ受け入れられない気分なんですけど。
それでも、やっぱり、無事千秋楽を迎えられて、良かったなとココロから思います。
あんなにも、嬉しそうに無邪気に笑う潤くんに逢えたんですもん。

ねぇ、潤くん。今頃、なにを想っているのかな。
高揚感で、眠れないのかな?それとも、すっかり安心して、爆睡とか!(笑)
11月29日から始まり、約1ヶ月。
嵐としての仕事も、もちろんこなしながら、
新宿新次として生き抜いた『あゝ、荒野』、、、
爪痕を残したいって、舞台が始まる前のインタビューで話してくれたけど。
ワタシの目には、じゅうぶんすぎるくらい、鮮やかに爪痕を残したように見えたよ。
この舞台にたてて、本当に良かったね。しあわせな時間を過ごせて良かったね。
明日から、嵐の松本潤として、またハードな年末進行が始まるだろうけど。
カラダに気をつけて。我慢してた油分もとって。あと1ヶ月、がんばってね。
ワタシにとっても、ものすごく幸せな1ヶ月でした。本当に、ありがとう。
舞台、お疲れさまでした。そして、千秋楽、おめでとう。
板の上のあなたは、最高に素敵でした!
新宿新次に逢えてよかった。ほんと、良かった。うん。

category: あゝ、荒野

cm 1   tb 0   page top

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#  [2011/12/03 15:28] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lucky11go.blog103.fc2.com/tb.php/1276-f773c4fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お知らせ

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム