07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Be with you

潤くん大好き♪嵐大好き♪嵐くんのおかげで日々充実♪

失恋ショコラティエ vol.2 

どーも、先週くらいから、運気が下がってるような気がして。
金曜日は、仕事で、えぇーーっていうような失敗しちゃって(社内仕事で)
日曜日は、例のエイト入れませんでした事件に遭遇し。
月曜日、会社に行ったら、ひさしぶりに、納品する品目を間違ってしまってて。
やってしまったよーーーって、超凹んでたら。帰り道、自転車のタイヤが、パンクってか、
パンって、破裂しちゃって(もう寿命だったようですけど!)
なんかもう、呪われてるんじゃないかと思うくらい、ついてない。
大丈夫なのか、ワタシ(苦笑)


と、プラベでは、ちっともいいコトがないどころか、不幸が続いてるんですが。
そんななかで、唯一、ワタシに元気をくれるのが、ショコ潤♪
ジャニwebの#2 avantで、悪い男って、、と潤くんが問いかけてくれるから、
潤くんなら、どんな悪い男だって、構わないよ♪って、聞かれてもないのに、
爽太みたく、妄想しちゃって(笑)テンション、あがる、あがる。
そうそう、ワタシ、大学時代、第2外国語で仏語を選択してたのに、
どーにも、こーにも、肌に合わず。でも、こんな苦痛な語学を2年もやってられないと、
可でなんとか単位をとったくらいの劣等生なんで、
avantの意味もわからなかったんですよねぇ(汗)
avantが、~の前で。apresが、~の後って意味なんですね!(遅いよっ!笑)
ってコトは、月曜日と火曜日に、ずっと更新してくれるんだよね?<松本さま♪
ドラマは、本気で楽しすぎるし、webの更新は、多いし。
松本ファンには、たまらない幸せすぎる3ヶ月!
そして、このドラマって、恋愛的に、一方通行な恋模様なわけで。
そーするとね!語りたくなるわけですよ!恋愛至上主義だったワタシ的には(爆!)
ちゃんとした感想がかけるかわかりませんけど。
すこし、第2話について、続きに、自身の想いも加えて、語りたいと思います。
それでもよかったら、続きをどーぞ。
(原作をまったく読んでいないんで、見当違いの部分もあるかと思いますが、お許しを)






紗絵子さんに一喜一憂する爽太をみるたびに、浮かぶんですっ!
ラブコンで、ニノちゃんが、潤くんに、そんな女はやめなさいっと、
妙に、リアルな感じで、何度も言ってたくだりを。
ほんと、しつこいくらい言ってましたから(笑)
でもねぇ、あの爽太には、言いたくなりますよねぇ。
本来、かかわってはいけない種類の女の子だから。(振り回されても、幸せになれない)
そして、紗絵子さんにとって、都合のいいオトコすぎるから。
まーー、だから、悪いオトコにならなきゃいけない!って、思うんでしょうけど。
恋愛は、押してばっかりじゃなくて、ひくコトも大事なんですよねぇ。
そこらへんのさじ加減って、難しいんですけど。



それにしても。ワタシ的に、それはきついよねぇ、あの言い方は、ないわって思ったのは。
紗絵子さんが、爽太に、自分の友達が、逢いたいって言ってるのくだりね。
あれだけ、ためてためて、期待させておいて、、、友達がって言っちゃうのは、
オンナとして、どーよって思っちゃいましたねぇ。あの振り回し方は、いただけない。
あれも、紗絵子さんの戦略の一環なのかもしれないけど。
ほーんと、ニノちゃんじゃないけど、あんな女は、やめなさいって、思った!(真顔)
完全に、キモチもてあそばれてるじゃん!(怒!)オンナとして、最低じゃん!
それでもねぇ、いっくら、外野が、やめなさいって言っても。
絶対、当事者の自分じゃ、ふんぎりつかないんですよねぇ。
かつてのワタシもそうだった(笑)
25の時かな。つきあってた彼は、ほんとに、悪いオトコで。
会社の上司も(入社当時から、ずっと直属の上司だから、いろいろ知ってる。笑)
ココによく登場する元カレも、スマの相方も(その彼氏の同僚で、ワタシより知ってる)
みーんなそんなオトコは、やめなさいって言うような彼で。
言われなくても、自分でもわかってるけど、結局、大好きだったから。
そこらへんがねぇ、爽太のキモチがわかりすぎて、ツラいって言う(爆!)
爽太も、わかってるんだよね、そんな女は、やめたほうがいいってコト。
原作を読んでないから、わかんないんだけど。
紗絵子は、なにがしたいんだろうねぇ。
つきあうわけではないのに、爽太にずっとずっと固執してるから。




薫子さんが、あーんなに、爽太が好きって、外野から見たら、簡単にわかるのに、
まったく気がつかなくて。逆に、無邪気に、にっこり微笑んでみたり、
薫子さんのコトは、眼中にないってキモチが、いちいちコトバや態度に出てて。
配慮と言うコトバが、見当たらないって、こういうコトだなって思う爽太なんですが。
たぶんですけど。鈍感っていうんじゃなくて。(まぁ、鈍感っちゃ、鈍感ですが。笑)
あまりに薫子さんが近い存在すぎて、完全に恋愛の対象として見れないし、
自分のことを、まさか薫子さんが好きだなんて、そういうコトは、ありえないって、
そーいうのも、考えられないくらい状態なんじゃないかなぁ。
だから、まったく気がつかないけど、凄く近い人だから、甘えちゃったりもするし、
薫子さん的に、どっきりするようなコトバや態度をしちゃう。
凄く大切な存在だけど。恋じゃなくて、身内的な感覚。そんな気がします。
ワタシも、爽太と同じように、薫子さん的な存在だと思ってた人に、
ある日突然、告白されて、びっくりしすぎたコトがあったんで。
恋愛は、普通の人より、いっぱいしてきたんで。
気があるとか、そーいうのは、敏感に察知できるんですが。
(自慢でもなんでもなく、ただの経験として、とらえてくださいね。そういう時代でした)
そんなワタシも、その彼の想いだけは、晴天の霹靂で。
まさか、ワタシを恋愛対象として、見てたなんてって感じですよっ。
その彼は、薫子さんみたいな立ち位置で、思いっきり甘えてたし、
思いっきり頼ってたし、大好きだったし。
でもねぇ、大好きだけど、恋の大好きとは、違うんですよねぇ。
だから、恋愛って、難しい。うん。




エレナちゃんとのくだりは、悪い言い方をすれば、キズのなめ合い。
でもねぇ、ちゃんと、2人には、愛情はあると思うんですよ。ソウルメイト的な。
じゃなきゃ、あーんな風には、寝れないでしょって思います(爆!)
一緒にお風呂入ってるシチュエーションとか、愛情たっぷりだし!
(あれは、希子ちゃんが、本気で羨ましいっ!役としてみれないよーー!)
エレナちゃんの存在が、これから、どんな風に、爽太に関わってくるのか。
かーなり、楽しみ。仕事的には、すでに、刺激を与えてもらったけど、
爽太のキモチ的に、いい変化をもたらせてくれそう。(希望的観測です)
それにしても、エレナちゃんとのキスシーン→ベッドシーン。
もうねぇ、キスの音まで、聞こえてくるし♪優しく押し倒すトコとかね、
もーー、たまらないです。はい。エレナちゃんに、なりたーーい!(超本気。笑)
あっ、ひさしぶりに、潤くんのいいカラダも、見せてもらえたし!
かーなり、細マッチョで、ワタシ的には、萌え萌え♪
潤くんのカラダって、ほーんと、綺麗ですよねぇ。ギリシャ神話のよーな。
そして、なにより、可愛い爽太じゃなくて、オス的なオトコを魅せてくれる爽太に、
スイッチが入った時の、潤くんの表情とか仕草とか、とにかくそのギャップが素晴らしい。
あれでも、堕ちないエレナって、凄いなっ!(と、ある意味、感心)



・・・の反面。
紗絵子さんへの想いが、切なすぎて。
こっちまで、ツラくなるくらいに、あまりに切ない爽太の片想い。
ほんと、そんな女、やめなよーー!他に、いっぱいるのにーーー!って、
爽太に言いたくてしょーがないくらい、むくわれない爽太の片想い。
潤くん的には、まったく共感できないって、話してくれてたけど。
たしかに、そーいう面では、その通りなわけで。
堂々巡りですもんねぇ。12年間。外野的には、完全にダメダメじゃんって。
それでも。松本ファン的には、潤くんが、爽太を演じてくれることで、
ものすごく、それはそれは、1時間なんて、こんなに短かったの?くらいの勢いで、
ストーリーに没頭するくらい、爽太に肩入れしまくれるわけで。
しょーがないじゃん!好きなんだもん!
爽太だって、このままじゃいけないってコトくらい、わかってるんだし!
みたいに、庇う。庇う(笑)まさに、潤くんに対する溺愛と同じよーに溺愛(笑)

視聴率とかね、やっぱり、大事かもしれないけど。
高いにこしたことないもんね。結果を求められる、そーいう世界に身をおいてるわけだし。
でも、潤くんの演じる颯太は、表向きの数字じゃ測れないくらい、もの凄く愛されてるし。
失恋ショコラティエは、ものすごく満足感の高いドラマだと思う。
松本ファン的には、最高ですよっ!幸せ感が、ハンパないですから。
いろいろな声も、耳に入ってるかとは思うけど。
潤くんがやりたいよーに、これからも、やってほしいし。
ほんと、遠慮なんて、いらないから。って、言われなくても、やりたいよーにやるよね?
そこが、松本潤の最大の魅力だもん。第3話も、もの凄く楽しみにしてる。うん。

category: 失恋ショコラティエ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lucky11go.blog103.fc2.com/tb.php/1718-7cda2acd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お知らせ

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム