07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Be with you

潤くん大好き♪嵐大好き♪嵐くんのおかげで日々充実♪

ARASHI BLAST in Hawaii 最終日、最後の挨拶。 

映画館は暗いものだというコトに、始まってから気がついた初日は、メモがあまりうまく取れず。
雑誌でも、詳しく上がるかなぁという読みもあり(→それは、言い訳。笑)
とりあえず、2日目は、明るさ対策をしながら、メモしました。
5人の最後の挨拶になります。
泣くのは、初日だけかなって、思ってたんですが。
もうねぇ、雅紀が、ほーんと泣かしてくれて。
隣の雅紀担の友達も、本気で泣いてるし(そりゃそーだ!)
潤くんも、初日に引き続いて、泣いちゃうし。あぁ、まさに、泣き虫コンビ!(愛しすぎる!)


というわけで。ニュアンスで、お読みください。
担当カラーで、記載しています。
ビューイングもありましたので、需要が少ないかもですが、記憶として残したいんで。
よかったら、続きをどーぞ。
あっ、いつものよーに、ワタシの個人的な想いも付け足してます。
ほんと、ウザくてすみません(笑)
うっとおしい方は、そこをスルーして、お読みいただければ(笑)

本日は、これで、3つ目の記事になります。
ワタシ、たまには、やります(笑)
スマ記事もありますが、よかったら、下の記事も、読んでやってください。




アニバの松本生誕祭の記憶がよみがえるよーな、激しい雨がやみ。
メインステージに、5人がぞろぞろと登場。

【翔さん】
みなさん、本日は、ありがとうございました。
雨、あがりましたね!あやまりづらいんですけど、、、嵐ですみません!(笑)
昨日も話しましたが、同じハナシをしようと思います。
会場にむかう車の中で、デビューの会見の時と、同じ音楽を聴いていました。
同じように、今日の空は、快晴で、まっさおで。
15年前。青い空を見れば見るほど、いったい、自分はどーなっていくんだろうって、
自分は、この空のように、綺麗なキモチで、いられるのかなって、妙に不安になりました。
誰かを、なにかを裏切ったわけではないのに、そんな風に思いました。
僕たち5人は、仲がいいって、そんな風に言われるコトも少なくありませんが。
もしかしたら、寄りかかってないと、あの頃は、1人でたっていられなかったのかもしれません。
15年前。嵐と言うグループ名も、正直、違和感しかなかったですが、
今は、自信を持って、誇りを持って、嵐と言う看板を背負っています。
そして、ハワイと言う場所に、5人で、戻ってきたコトを、嬉しく思います。
これも、ひとえに、なによりも、なによりも、みなさんのおかげだと思います。
本当に、ありがとうございます!

15年前、初コンサートで。嵐のファンでよかったと思えるようなグループになりたいと、
そのようなハナシをしました。
その18の自分のコトバを、ただひたすらに追いかけてきた15年でした。
これからも、なまいきですが。
そのコトバの背中を追い続け、みなさんに嵐のファンで良かったと、
思える嵐になりたいと、思っています。
どーか、明日からも、末永くよろしくお願いします。
本当に、ありがとうございました。


初日、ココロにグッときた、寄りかからなければ、立っていられなかったかもってくだり。
こーいう想いを、コトバにして伝えてくれて、翔さん、ありがとう。
そして、嵐のファンでよかったと思える嵐になりたいってコトバを、
これからも、追い続けるって、言ってくれて、翔さん、ありがとう。
これからも、そんな翔さんに、ついていきます♪翔さんが、嵐でよかった。


【智】
えー、みなさん、本日は、ありがとうございました。
やっぱり、10周年、15周年と、節目には、大雨が降るんですね♪
正直、びっくりしました。
ハワイに着いて、ホテルにベランダがあって、
夜はずっと、ベランダに浸ってるんですけど。
15年前、正直、わけもわからずデビュー会見をしたのを覚えてるし。
この先、どーなるかわからない、そんなキモチでした。
でも、15年経って、ハワイに来て、当時の自分を想い出すと、
自分になかで、成長と言うか、、モヤモヤだったり、そーいうのが、
いっさい、なくなっているコトに気づきました。
15年経って、こーやって、ライブが出来るのも、
それも、メンバーや、マネージャー、スタッフさん、
そして、なによりも、みなさんのおかげだと思っています。
本当に、ありがとうございます。
これからも、16年目、まだまだですが、、、
一緒に、人生を歩んでいけたら、嬉しいです。
これからも、よろしく!!!ありがとうございました!


嵐が年を重ねるごとに、ファンも、同じように年を重ねていくわけで。
それって、当たり前のコトだけど。
でも、どんどん、ずっと応援してきたファンの人たちが、離れていって。
なんか、同じように、年を重ねていくって、嵐では、難しいのかなって。
そのことに関して。今の状況なら、しょーがないって思える反面、嵐は、どう思ってるんだろって、
ずっとそれは、智のように、モヤモヤ思ってるわけで。
だから、智が、一緒に人生を歩んでいけたら、、、って、話してくれて。
なんか、少し、安心した自分がいた。
当たり前のコトすら、なかなか聞けなくて。だからかな、すごく嬉しいコトバだった。
智、これからも、ファンも一緒に、人生を歩んでいかせてね。智が、嵐で良かった。


【雅紀】
みなさん、今日は、ありがとうございました。
最高に、楽しかったです!
あのーー、ちょっと、個人的なハナシしていいですか?
ほんと、悪いんだけど、ちょっとだけなんで、、、、
デビューして、この15年でというと、ハワイで忘れられないコトがあって。
2002年、、、ぐらいかな。ファンのみなさんと行くハワイツアーと言うのがあって。
1週間くらい前に、肺が破れて、入院したんです。
1ヶ月くらい入院って言われてて、僕は、ハワイに対して、すごいキモチが強かったんで。
1週間で、驚異的な回復力で、ツアー参加できて、一緒に同行できたんですけど。
そのなかで、他の4人がステージにたって歌うという曲が、何曲かあって。
僕は、端の方で見てたんですけど。
なんとも言えないキモチになって。
申し訳ないキモチと、自分に対して、悔しいキモチがあったんで。
こんなチャンス、もうないって思ってたけど。
絶対、今度は、ハワイで5人で、立ちたいって、ずっと思ってたんで。

ずっと涙目だった雅紀が、この辺りで、こらえきれず、背中向けて、泣いちゃって、、、
もーー、ワタシも、もらい泣きしちゃって。
潤くんが、ココは、しっかりしなきゃと思ったのか、雅紀に、
前をむきなさい(笑)って、うながしてくれて。
でも、なかなか前向けなくて、涙が止まらなくて、話せない雅紀、、、
でも、がんばって、ハナシを続けてくれて、ほーんと、泣ける。
15年経って。こーいう機会をもらって、立てたんですよっ!
この15年で、取りかえすことができて、僕は、すごく嬉しいです!
みんなより、1ステージ少ないけれども。
でも、また、追いついて。
僕にとっては、すごく意味のあるハワイライブでした!

また、後ろむいちゃう、雅紀。
もうねぇ、その背中見てるだけで、キモチ伝わってきて、なけてしょーがない。うん。
えっと、、、それで、、、これからもね、一歩一歩、ゆっくりと、遠回りしても、
一歩一歩、止まらずに行きます。5人で。
だから、みなさんも、一緒に歩いてください。
今日は、ホントに、ありがとうございました。


肺気胸のコト。ほーんとに、雅紀は、10年以上たっても、迷惑を掛けたって思ってて。
もう済んだコトなのに、すごく負い目があるんだなって、挨拶で感じた。
でも、やっと、これで、少しは、雅紀のココロが軽くなるといいなって、本気で思ってる。
そして、ゆっくりと遠回りしても、止まらないって言ってくれて、ありがとう。
まだまだこれからが楽しみでいさせてほしいから。。。だから、約束してね。
これからも、一緒に歩いていかせてね。雅紀が、嵐で良かった。


【ニノちゃん】
今日は、ありがとうございました。
泣くほど悔しくて、忘れられないほど、想いがあるなんて、素直なんだろうねぇ。
なのに、2002年か、2003年かあやふやだなんて。
そーいうの、オレだった、調べちゃう!

と、いつものよーに、直前の雅紀挨拶を受けて、長々とツッコミ話を続けるニノちゃんに、
わかったよ!と、ハナシを終わらせようとする雅紀。あぁ、にのあい。
まぁ、僕も、自分のハナシになっちゃうと。
ちっちゃい頃。明日、運動会があると、お腹が痛くなっちゃって。
明日、遠足だと言うと、頭が痛くなっちゃって。
そんな子がさ、中学生から、15年も経つと。
雨が降っても、歌い続けるようになれるんだね。
たくましくなっていくんだね。と、コンサートやりながら、思いました。
でも、それができたのは、ココにいるみなさん、日本にいるみなさん、
そーじゃなく、自分のおうちで、凄く祈ってくれてるファンのみなさんのおかげだと思ってます。
すごい楽しい2日間で、もうね、旅行なのさっ!
また、行きたいなって思うんだけど、お金は無限になくて、すっからかんになっちゃったから、
また、お金貯めて、みんなで旅行したいなって。たまには、いいじゃないっ!海外だって。
お父さん!お母さん!2人は、海外でラブラブしちゃって、その間に娘は、嵐コンで(笑)
なんか、すごくいい、自分でいうのもなんですが、
嵐らしいツアーになったんじゃないかと思います。
ですから、また、、やれるとき来たら、みんなと一緒に、来れなかった人も一緒に、
楽しく飲みたいねぇーーーー!今日は、すごく美味しいお酒が飲めそうです。
また、みんなと一緒に、旅行しましょう!今日は、ありがとうございました!


ニノちゃんの、ちっちゃい頃のハナシを聞いてたら。
10周年の国立最終日、どしゃぶりのなかでの挨拶を、思いだしちゃって。
「僕はね。いい加減で、ずるい人間だったんですよ。
いや。いい加減で、ずるい人間なんですっ!(笑)
こんな雨のなかのコンサート。昔の僕なら、やらないで諦めていたと思います。
嵐だから、このメンバーと一緒だから、できたんだと思うんです。」
なんか、ものすごく懐かしいキモチになって。
アニバのニノちゃんのコトバが頭に浮かんじゃった。
ニノちゃん。神さまは、15周年も、雨を降らせて、ニノちゃんを試したのかな(笑)
ハワイの、特に、初日。体調が明らかに悪そうだったけど。がんばってくれてありがとう。
ライブでの、ニノちゃんのがんばりって、やっぱり凄いから。いないと困るし。
ニノちゃん。次の旅行は、ぜひワタシも参加できるような優しい日程を(笑)
日本のファンのコトも、気にかけてくれて、ありがとう。ニノちゃんが、嵐で良かった。


【潤くん】
今日は、本当に、ありがとうございました!楽しかったです!
日本から、応援に来てくれたみなさん。現地のみなさん。
そして、いま、日本で、見ていてくれるみなさん。
入れなかったけど、応援してくれてるみなさん。
ほんとに、タイミングは、それぞれだけど。15年のどこかのタイミングで、
嵐に逢ってくれて、こいつら面白いなって思ってくれて。
僕らに、関わってくれて。みんなが繋がってくれたおかげで、
15年間、5人でやってこれました。
みんなにとって、この15年は、どーいう15年でしたか?

この問いかけが、まるで、Oneの問いかけのよーに、聞こえて、デジャヴ。
僕らにとっては、最高に幸せな15年でした!
僕にとっては、この4人と一緒にできたことが、最高に幸せです。

ゆっくりと噛みしめるように語りながら、涙ぐむ潤くん。
いろいろな想いが、一気に、きたのかなぁ、ほんと、愛しい。
まだまだ、この5人で。
チーム嵐で、道を切り開いていこうと思うんで。
同じ道をみんなで歩いていけたら、、、と思ってます。
今まで、ほんとにありがとう。そして、これからも、よろしくお願いします。



潤くん。日本のファンのコトも、忘れずにいてくれて、ありがとう。
そんな優しい潤くんだから、これからも、ついていける。
そして、4人と一緒で、最高に幸せと言いながら、涙を流した潤くん。
ほんと、4人とずっと一緒にやってこれて、良かったね。うん。
最近は、現状維持ってコトバが、やたら聞こえてきて。
個人的には、あまり好きなコトバではなかったんで。
これからも、道を切り開いていくって言ってくれて、ほんとに嬉しかった。
その同じ道を、一緒に歩いていけたら、、、景色を一緒に見ていけたら、、、、
それだけが、ワタシの願いなんで。これからも、ほんとに、よろしくお願いします。
潤くん、ほんとにいつもありがとう。潤くんが、嵐で良かった。
・・・そして、嵐が、この5人で、ほんとに良かった。

category: ARASHI BLAST in Hawaii

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lucky11go.blog103.fc2.com/tb.php/1767-1f7cbafe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お知らせ

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム