FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Be with you

潤くん大好き♪嵐大好き♪嵐くんのおかげで日々充実♪

BLAST in 宮城 オーラス アンコレポ。 

昨日は、長々と身内話で失礼しました。
にも関わらず、たくさんの拍手をいただきまして、ありがとうございます。
相方とこないだラインで話してたコトがあって。拓哉と潤くんへの違いについて。
相方は、もちろん嵐には興味がないので、一緒に入ったコトがないんですが。
ライブで、ちょっと離れたトコから、潤くんにみつけてもらったら。割とはしゃげるけど。
目の前にきてくれたときには、もーー、ワタシは、石になるってハナシをしたんですよ。
初1人ファンサを初国立でもらったときも、ちょうどその状況で。
(一番端花道最前列目の前に、最後の最後に潤くんがきてくれました。紫のツアーTで。)
目の前なのに、全く動かないワタシを、完全に面白がってました。潤くん(笑)
もうねぇ、絶対に無理。キャーとか、潤くーーんとか、もちろん無理。立ってるのが精一杯。
で、目の前にいるのに微動だにしないんだ?(笑)的な、いたづらっぽい顔で、
ニッコリ笑って、腕をあげて弧を描くように、指差ししてくれたんですけど。
もちろん、してもらってもピクリとも動かないワタシ(笑)→さらに面白がる潤くん(笑)
当時の相方が、隣わざわざ柵からかなり下がってくれて逆は通路だし。
ポツンと空間があいてた状態だったんで。まさに1人ファンサだったんですが。
ほんと、いまだに目の前に潤くんいたら動けないし、はしゃげないし、石よっ!石っ!って、
相方にラインすると、めちゃバカウケ!えぇーーー!想像できないっ!って。
というのも、拓哉が目の前で構ってくれたら、はしゃげるんですよ!ワタシ。
キャーー!拓哉!って感じで。いっしょにJoyとか、ガンガン踊るし♪
なんで、石なワタシが想像できないらしい。たしかに(笑)
もうねぇ、自分でも、この差がわからないミラクル(笑)


ありがたいコトにオーラスアンコは、まさに石なワタシになる場面もありました(笑)
たぶん、恐ろしいくらい静かだったはず(笑)潤くんから目を離せなかったんで。
そんなオーラスのアンコ。ほぼ潤くんしか見てないんで。
潤くん中心のレポになります。映像化されたときに、えぇー、誇大表現じゃん!
とか、クレームはなしで(→オーラスの潤くんは、全ての嵐ファンに見てほしい!)
こんな感じだったんだ!とか、思っていただけるとワタシも嬉しいです。
メインステ激近席でガン見してましたので、リアリティーはあります(なんだそれ。笑)
では、映像化まで待てないよっ!宮城に浸りたいよっ!て方のみ、続きをどーぞ。








オーラスの規制退場で、思いっきり時間があったんで。
ツイッターで先に、ほとんどレポしちゃったんで。
重複しちゃうと思うんですけど。まー、いいですよね、何回も読んでください!
(あなた、ココの読者さんに甘えすぎ!笑)



35.愛を叫べ
いったん、メインステからはけたあと。嵐コールが鳴り止まない会場。
そして、音楽が流れ。前日同様、
モニターに、メンバーカラーのコサージュをつけた白いスーツ姿の嵐が。
えっ?聞こえないよっ!あらしー!あらしー!って感じで声は聞こえないんですが、
モニター越しに、ジェスチャーで会場を煽る5人。ギュッとひっついててね。(たぶん)
なんて可愛い演出なんだろって、ほんと嵐らしいなって、ほっこり。
嵐に煽られちゃ、黙ってられないよねぇ。否応なしに盛り上がる嵐コール。
そして、教会の鐘の音とともに、嵐がメインステから登場!
もーーー、とにかく、かっこいいっ!残念ながら、潤くんの立ち位置は、一番遠いけど。
もーーー、4人を通り越して(おいっ!)潤くんに釘づけなワタシ。(もう必死。笑)
会場もね、みんな嵐と一緒に踊ってて、超HAPPYな空間そのもの。
5人が順番に腕をあげるとことか、しっかり担当順にみんなあげて。(ワタシは一番)
これからも定番になりそーな予感の「愛を叫べ」
嵐も、もちろん嬉しそうな、そしてオーラスらしい晴れやかな笑顔で。
そんな嵐の5人が見れて(→正確には、潤くんと他4人的な視線で申し訳ない)
これ、もうこんな近くで見るコトもないだろうから、しっかり記憶に残しとかなきゃ。
(メインステ激近なんて、ヲタク人生で、そう簡単に当たらないし)



36.エナジーソング~絶好調、超!!!!~
ココの煽りは、やっぱり智!
まだ、いく?まだ、いける?
いくぜーー!!
じゃぁ、みなさん、お手を拝借!

22日は、メインステの一番端のトロッコ連結ステージに、5人で左右に固まって移動。
23日は、メインに1人(たぶん、まさき)トロッコ連結ステージ、向かって左は翔さん。
で、あとから、潤くんが入れ替わりで、翔さんに近づいていったんですけど!!!
えぇーーー!翔さん、超、笑ってるし!(潤くんは、背中で見えないけど、恐らく笑顔)
そして!!!出ましたっ!!!

翔潤、ハイタッチ!!!!!

もうねぇ、ワタシの目には、2人がまるでスキップしてるかのように見えました(妄想)
いや、それくらい、絶対楽しそうなハイタッチ!
前に。らぶこんで、翔潤ハイタッチレポを書いたんですけど。
このときは、超クールな2人のハイタッチ!それはそれで、毎回秘かな楽しみでしたけど。
23日、メンバーの立ち位置を変えてくれてありがとう!潤くんと本気で思った、
翔潤、笑顔のハイタッチ!まるで、子犬がキャンキャンくっついて遊んでるかのよう。
あっ、これも、ワタシの目には、、、ってコトですが。
ほんと、メインのまさきが激近なのに、そっちのけで左向いてたおかげで、
こんなレアショットを見逃さないでいられた幸せに浸る松本ヲタ1名。
まさに、近くの他担より、遠くの自担ですよ!(これ、ワタシの座右の銘です。笑)
あっ!ちょーど、翔潤ハイタッチの頃、メインに釘づけだったHさん(@相葉)
しっかり、まさきに見つけてもらえたらしく、隣で、その瞬間、歓喜の声確認。
しかし、ワタシは左のほーをガン見してたんで、あとから確認しました(Hさん、おめでと)



37.ユメニカケル
そして、遠くの自担を、今か今かと待ち構えていたラスト曲。
そーです!このときは、潤くん、やっと立ち位置が一番左なんです(前日確認済)
もうねぇ、一歩一歩近づいてくるたびに、ドキドキ。
で、ミラクル起きましたっ!!!なんと、潤くんの立ち止まった場所は、

1mmもずれない、まさに目の前!!!

ハダシもね、少し右側でしたけど、かーなり目の前で。感動したんですけど。
前日、近くで見れるっていうのは、わかってたんですけど。
まさか、ほんとの目の前とは!(これが、ヲタクの執念か。笑)
宮スタのアリーナって、座席前が少し広めで、視界がただでさえ良好なのに、
おまけに、前列のお2人が、えっらい離れてくれてたんで(席と席の間ね)
その光景は、まるで、、、

モーゼの奇跡のよう!!!

ほんと、ワタシには、海が割れたよーに思えましたよ。感謝。感謝。
なんの努力もせずに、目の前の潤くんをがっつり見つめられるなんて!
もうねぇ、来ましたよっ!ワタシの石タイム(笑)
ほんの数分なんだけど、ほんとに至福の時間すぎて、泣けてきました。
あまりにも、至福すぎて。

ユメニカケルが、
もはやBGMにしか聞こえない。


ダメダメなヲタクですみません。22日は、しっかり聞いたんでお許しを。
そして。22日から決めてました!潤くんと一緒に見る花火は、1日限りでって。
オーラスは、そーです。ワタシは、花火をチラチラ見ながら歌う松本潤を見てました。
ウタはBGM、花火ももはや音だけって言う(笑)だって、1秒も見逃したくなくて。
ユメニカケルの松本潤は、恐ろしいくらい、イケめてました(と、ご報告しときます)


そして。5人揃って、メインステ中央へ。
恒例の、潤くんのありがとうタイム。(→なんていえばいいのかわからない。笑)

ほんとに、どーも、ありがとーー!

それじゃあ、ココで紹介します。
マウントブラストに大きな拍手を!!!


そして、300人以上のスタッフ!!!ありがとーー!!!
あいしてるーーーー!!!!

・・・愛してる!そう叫んだ松本潤が、ひたすら愛しくてたまらない。
(スタッフさんも、きっと嬉しかっただろうなぁ。最高級のコトバだもん)






そして、ボランティアはじめ、
たくさんの宮城の人が関わってくれました!
宮城のみんな、ありがとーーー!!!


もうねぇ、声が枯れてきてるんだけど、ほんと嬉しそうにありがとうって
いっぱいいっぱい叫ぶ潤くんに、感動しかなくて。

最後に!!!
ココに集まってくれた、52000人!!!
ありがとう!!!!!


そして。振り絞るよーな叫び!

さいこーーーだぜぇ!!!!

そう言いながら。膝の上に、手を置いて、上半身、前にかがみだした潤くん。
もうねぇ、こんな姿見たことない。大きく肩で息してて、今にも、しゃがみこみそーで。
叫ぶ声のひとつひとつすら、聞いたコトがないくらいの絶叫に近い魂の叫びで。
ココのくだり、毎回、楽しそうにドヤ顔で(おい。笑)、会場を楽しそうに見渡して、
そう!会場を完全にリードしながら進めていく、最後の潤くんお決まりのしきり。
まさに、スターの輝きを放ちながら、華やかな終演へと近づいていく部分。
このくだりの潤くんが、ほんと毎回誇らしくて、惚れ惚れしてるわけですが。
宮城オーラスで見た潤くんは、むしろ、かっこわるい姿をさらしてて。
でもね、その姿こそ松本担がこよなく愛でてきた、泥臭い、人間、松本潤そのもので。
このBLAST in 宮城の成功のために、どれだけの時間を費やして。
ファンの想像をはるかに超えて、どれだけがんばってきたんだろう。
現地にはいるまで。そして現地にいた5日間も、きっと全身全霊で、宮城のために、
宮城まで足を運んでくれたファンのために、できる限りの努力を重ねてきただろう、、
すべてを出し尽くしたかのよーな手負いの姿を見て。ほんと、それが伝わってきて。
ほんと、潤くん、ボロボロだったから。。。

もう、声が出ないっ!

もうねぇ、そんな潤くんの姿を見て、ワタシはとにかく泣けてくるわけだけど。
このくだりを決して代わろうとはせず、静かに見守っていたお兄ちゃんたち。
一番近くで見てきたもんね、潤くんのがんばる姿。BLASTへの想い。
最後まで、任せてあげたいよねぇ。潤くんに。
でも、あまりにも、素直に、もう声がでないっ!って潤くんが弱音吐くから。
そんな末っ子が、あまりにも可愛く思えたからかな。
翔ちゃんが、いつものよーに、ばか笑いして。(翔ちゃんのばか笑い、大好き)
ニノちゃんが、だいじょーぶ、声でてるからって励まして。
智とまさきも、なんか言ってて(すみません、ちゃんと聞こえなくて)
その光景がね、優しさと温かさに溢れてて。
まさに幸せとしか思えない瞬間で。
これが、嵐なんだ。ワタシの大好きな嵐なんだって。うん。
(そして、潤くんって、ほんとこんな優しいお兄ちゃんがいて幸せ者すぎる)


会場もね、みんな、がんばれーー!って、潤くんに声かけてて。
こんなコトもないよね、俺らの名前の前に、潤くんがんばれって(笑)
あと一言いうのに、会場全体で、応援されるって(笑)
なんか、笑えてくるくらい、ギャグみたいなんだけど(こーやって書くと。笑)
会場の、潤くん、もうちょっとだよ、がんばってってキモチの一体感は凄すぎて。
潤くんの不器用なトコとか、素直なトコとか、純粋なトコとか、バシバシ伝わってきて。
パブリックイメージで誤解されがちで、潤くんだけは苦手って思ってる人にも、
あの時の潤くんには、ココロを鷲掴みにされたんじゃないかなって。
たった4日間のために、ココまで努力して、一生懸命ライブ作ってくれて、
52000人をワクワクさせてくれて、驚かせてくれて、そしてヘトヘトになるまで、
かっこ悪い姿さらしてまで、声がでなくなるまで、がんばりきる人、他にいないもん。
ほんと、最高だよっ!松本潤って人は。



そして。お兄ちゃんたちに背中押されて。

最後に聞くぞ!!!
俺らの名前は、なんだ?
せーーのーー!!!!!


あらしーーー!!!

そして。最後のチカラを振り絞って。

さいこーーだったぜ!!!宮城!

そう、泣き笑いしながら、叫んでくれた潤くん。
もう声は枯れてるんだけど、ホントにココロに響いて。
宮城、ほんとさいこーーだったよ。いや、さいこーーーすぎたよって。
潤くんの姿が見えなくなるまで、ずっとステージを見つめてました。
ステージから見えなくなったあと、モニターにね、映ったんです。
潤くんが、強く強くこぶしを握りしめながら、まっすぐ腕をあげてるトコ。
なんども、その腕を空に向かって突き上げて。その姿はまるで、
同じ空の下、空は繋がってるから、これからも一緒にがんばろう。
そして、宮城に携わったすべてに感謝を込めた、、、
そんな潤くんからの最後のメッセージに思えて。
最後の最後にみた潤くんの姿は、たぶん、忘れられないだろうな。
これからも、きっと。。。



最後に。
潤くんメインでしか書けてなくて、そのうえ、ワタシゴトも多くて、
ほんと、申し訳ないんですが。
オーラスの様子が、少しでも伝われば、嬉しいです。
嵐の5人は、本当に、やりきった感でいっぱいの晴れやかな笑顔を見せてくれました。
それが、なによりも嬉しかったです。こんな高揚するオーラスは、ひさしぶりだったし。
きっとね、嵐は知っていてくれたんだと思うんです。
この会場に来るまでに、ファンが、どれだけの努力が必要だったか。
だからかな、何度も、ココに来てくれてありがとうって言ってくれました。
(いつもなら、ココに来れなかった人への配慮のほうが比重多いくらいだけど)
その嵐の、ダイレクトな、ありがとうのキモチも、ほんと嬉しくて。
宮城になんとか辿り着けて、BLASTに参加できて良かったって。うん。
ワタシの周りにも、いろんな理由で行きたくても行けなかった友達もたくさんいます。
だから、少しでも、宮城の様子を伝えたくて。時間かけすぎなくらいかけて。
そのわりには、いらない部分も多いですけど(→ほんと、ワタシゴトお許しを)
ココまで読んでくださったコト、ほんと嬉しく思ってます。ありがとうございます。
きっと、オーラスは映像化すると思いますが。むしろ、してもらわないと困るレベル。
そのときは、どーか、潤くんのがんばりを褒めてやってください(なぜ、上から?笑)
ほんと、いいオトコすぎて、担替えしちゃうかもしれませんよ(他担さま)
というのは、冗談ですが(笑)
宮城に関わったすべてに、ココロからありがとう。
そのキモチだけは、これからもずっとワタシのココロのなかにあり続けるのは、
きっと絶対、間違いないです。BLAST in 宮城、最高でした。

category: ARASHI BLAST in Miyagi

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lucky11go.blog103.fc2.com/tb.php/1837-bfa521f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お知らせ

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム