09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Be with you

潤くん大好き♪嵐大好き♪嵐くんのおかげで日々充実♪

Mr. FUNK ~Japonism相葉ソロ 

お昼にアップした戯言にも、たくさん拍手をいただいて、なんか申し訳ないです。
ほんとに、いつもありがとうございます。
福岡金曜日の席も判明しました♪土曜日のアリーナのすぐ横のスタンド前方(笑)
その間をフロートが通るイメージなんですけど。→おそらく合ってるはず。
というコトは。金曜日は、フロートの潤くんが、どーかスタンド見てくれるように。
そして、土曜日は、フロートの潤くんが、アリーナ向いて下をのぞいてくれるように。
と、ものすっごい身勝手なお願いをしちゃうわけですねぇ、ワタシは(笑)
これが、両日逆転しちゃうと、もうねぇ、身も蓋もないってわけです。→ありうる(笑)
また、12月に入ったら、櫻井神社に、潤くん見つけて祈願に行かないと。
もうねぇ、櫻井神社のご利益凄すぎて。ワタシには、もう神さまにしか見えない。
いや、実際にも神さまなんですけどねぇ、神社だから(笑)
まさに、神さまは見ていてくれるんだなぁ、日頃の行いを、って思ってます。はい。


Japonism、いろいろテーマ的に語りたいんですけど。
松本ソロは、大阪でめちゃ近くでみれるはずなんで。大阪済んでから感想を書こうかと。
5人のソロ。自担ソロは、もう別格なんですけど。ハラハラしすぎて、毎回しんどいくらい。
残り4人のうち、アルバム聞いたときから、相葉ソロには期待しかなくて。
で、名古屋で実際に見たら、もうねぇ、凄すぎて。最後まで、目を見張ってしまって。
なんかもう、雅紀には、脱帽です。毎回、ワクワクが止まらないです。
で、札幌はアリーナで、3回目にして近くで見れて。もうねぇ、命がけすぎよね、雅紀。
潤くんが挨拶で。メンバーが各ソロでいろんなチャレンジすることになって、
相葉くんは、大変だっただろうけどって、話してたけど。
飛びぬけて、大変だよっ!→と、つっこみいれたかったです(笑)はい。
まだ、ご覧になってない方もいらっしゃるので、ネタバレは続きに。
(初見まで、ネタバレしたくない方は、続きは見ないでくださいね!責任取れません。笑)






札幌アリーナ座席は。雅紀が頭上を飛びながら登場する場所で。
とにかく近い!びっくりするくらい、雅紀の雄姿がよく見えたわけですが。
気球からだらりと繋がってる白い布に捕まってるだけなんですよっ!
命綱とかなくて。ほんと、気を抜いたらおしまいってくらい、ギリギリの技で。
でも、雅紀はそんなギリギリの状況でも、Mr. FUNKのイメージのごとく、
まさにオラオラした感じで、上からアリーナのファンを煽ってて。
もうねぇ、雅紀、凄いんですけど。。。
で、そのまま、花道内のアリーナ上を通り抜けて、センステに降り立つMr. FUNK。
パリピポ(Jr.)を従えてのパフォーマンス。
ワタシが初めてリアルで見た、とにかく印象的な雅紀ソロは、素朴で照れ気味の、
凱旋コンでの、涙の流れ星。あの時の雅紀とは比べ物にならないくらいの、
気迫のこもった、堂々としたパフォーマンスに、圧倒されてしまって。
雅紀、スキルアップしたよねぇと、上から目線で申し訳ないですけど、
ほんと、驚きを隠せない感が否めないくらい、素晴らしい。


そして。パフォーマンスは、これだけじゃ終わらなくて。
あっ、その前に、雅紀がまさか衣装の前はだけで、やってくれるとは思わなかったなぁ。
潤くんですら、脱がなくなったし。肌見せなくなったし(残念極まりない)
もうさぁ、魅惑の衣装の前はだけに、クギ付けですよっ!(防振り高性能双眼鏡で)
そして、前はだけだけの露出では終わらせないのが、2015年相葉雅紀ソロ。
おもむろに、衣装を脱ぎだし、、、えぇーーー、雅紀が上半身ハダカに!
いやいや、昔は、アンコでよく脱いでくれてましたけど。
2015年のいま、脱いでくれるとは!!!(ジャニは、脱いでほしい、がっつりと。笑)
名古屋で、初めて見たときは、相葉雅紀のハダカにロックオンでしたよっ!
1回目は、わき毛を発見!(→もうねぇ、おかしいから、見るトコ。笑)
2回目は、雅紀の左肩のあざをね、いつぶりだろ、がっつり拝めて、ほんと感動。
今のファンの人たちって、たぶん知らないんだろうなぁって思いますけど。
ワタシは、雅紀のあざが、ホントに愛しくて。見ると、雅紀だなぁって安心します。



そして、そのあと。パフォーマンスのために、白いTシャツに着替えて。
手や足が滑らないように、スプレーをかけて、気合を入れなおして、
登場時の、白い布を雅紀の腕力だけで上っていく、信じられないパフォーマンス。
名古屋で初めてみたとき。
ちょっと笑えたのが、スタッフさんがねぇ、気球をもって、センステをがっつり
歩いて渡るんですよっ。雅紀が踊ってる前を横切って(笑)まさに、横断です。
最初見たとき、えぇーー、これって、ありなの?って思いましたけど。
物理的に、そうするしかないんだろうなって。スタッフさんのドタバタした感じが、
ツボすぎて(笑)→もうちょい、存在消して、セッティングできたら尊敬します!
このあとの実際の雅紀のパフォーマンス。
札幌では、かなり近くで見れたんで、ものすごーくじっくり見たんですが。
雅紀。白い布をのぼりながら、次は、右足に布を絡ませて、その次は、くるりと回して、
とか、一個一個次にやるべきコトをね、ほんと一個一個クリアしてる感じが伝わって。
これ、上手く表現できないんですけど、わかりますかね?
先生に教わった通りのやり方を、着実にクリアしていく過程が、
ものすごーーく、わかるんですよねぇ。そのくらい、雅紀は必死なんです。
(落ちたら、終わりですし。なによりライブも中止になるだろうし)
まさに、命がけでカラダ張ってがんばってる雅紀には、ほんと感動しかなくて。
雅紀、凄いなって、それしか言葉にできないくらい、凄くて。



そんな雅紀が、このパフォーマンスについて、
札幌土曜日、最後の挨拶で話してくれて。

楽しかったですか?
ほんとに、凄い楽しいトコもあれば、凄い緊張するトコもあれば。
手離したら、ヤバいなってトコもあって。
原点回帰ってコトで、やってみたんですけど。
僕、エアリアルのティッシュってやったことなくて。初めて、挑戦しました。
2、3ヶ月のトレーニングをして。
最初、、ほんとにつかまって、3秒もつかまれなくて。
それが、2,3ヶ月、地道にがんばってたら、
なんか、あそこまでできるようになりました。
諦めずに、コツコツやるってコト。忘れないでね、ちびっ子たち。
そうすれば、きっと、夢は叶うと思うから。


・・・最初、3秒ももたなかったんだ。
もうねぇ、そのくだり聞いたら、雅紀の堂々としたソロパフォーマンスの姿が
甦ってきて。抜群の運動神経の相葉雅紀だから、簡単にできたわけじゃなくて。
やっぱり、地道に努力を積み重ねて。
嵐の相葉雅紀として。Japonismのステージで、披露するために、
忙しい仕事の合間をぬって、あれほどまでに仕上げてきてくれたんだなぁって。
そう思うと、ほんと、雅紀の諦めないキモチって、誰よりも強いんだなって。




ワタシは、松本ファンなんで。
潤くんソロの間、とにかく怪我をしないように、祈ってて。
ソファーにふたたび横たわるまで、気が気じゃなくて。
そのあと、ものすごーーく楽しみにしてた、♪ルージュ~ってニノソロも、
なんかもう上の空なくらい、ある意味、ソロが終わると、疲れちゃって。
それぐらい、潤くんも素晴らしいパフォーマンスなわけだけど。
相葉ソロもねぇ、ワタシ、2人、相葉担友達と一緒に入ったんですけど。
2人とも、まさに、ワタシの松本ソロのときと同じ状態で。
とにかく、無事に終わって欲しいって、願ってて。
きっと、これは、ツアーファイナルまで続くんだろうなって、言ってて。
逆を言えば、ココまでハードなソロパフォーマンスって、初めてってわけで。
ほんとねぇ。相葉ソロと松本ソロは、何回見ても、きっと飽きることなどなくて。
雅紀ソロに関しては、雅紀が言った、最初は3秒ももたなかったってコトバが、
ずっとずっと脳裏によみがえって、なのに、ココまでできるようになったんだと、
きっと、毎回、雅紀凄いなって、ココロから思うんだろうな。うん。


♪もう忘れられないほど、俺だけをみろ

♪誰がNo.1かわかるだろう


歌詞そのままの、オラオラ感たっぷりで、
そして、命がけのパフォーマンスで魅せてくれる、Mr. FUNKにずっと酔いしれていたい。
そんなキモチにさせてくれる相葉ソロ。これからも、ほんとワクワクしかないです。はい。

category: Japonism

cm 2   tb 0   page top

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#  [2015/11/24 19:42] edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#  [2015/11/24 19:43] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lucky11go.blog103.fc2.com/tb.php/1864-965d9881
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お知らせ

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム