FC2ブログ
12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

Be with you

潤くん大好き♪嵐大好き♪嵐くんのおかげで日々充実♪

SMAP解散報道から一夜明けて。 

まだ、受け止められなくて。
ほんと、コトバが見つからないけど。アクセスが多くて、さっき、のぞいてみたら。
申し訳ないので、ちょっと更新させていただきます。
とはいえ、動揺してるから、どこから書いてよいのか。
ツイッターを見ると、いろんな考えの人がいて。
まだまだ諦めないって言ってるファンもいっぱいいて。
ワタシは、、、今のワタシは、聴きたくはなかったけど、
現実として、やってきてほしくはなかったけど、
こうなる予感は、ものすごくありました。だから、ほんと怖かった。
特に、拓哉がハワイに飛んだとわかってから、
いくらプライベートとはいえ、この時期に、ファンですら踏ん張ってる時期に、
隠密ならともかく、わかってしまうような形での配慮のなさに、
木村拓哉は、もうダメかもしれない、、、って、木村担たちと話してました。
その矢先の、まさかの解散報道。・・・・・絶句でした。



木村拓哉が大好きで、ずっとずっと見てきたから。
逆にね、ダメなトコもわかってて。それでも、それすら愛しくて。
だけどね、こんな大事な岐路で、まさか、守るべきものを間違ってしまうなんて。。。
この一連の最大の戦犯は、誰もが思ってる人たちだと、ワタシももちろん思ってます。
SMAPを返してって、ほんと何度言っても足りないし、一生許せない。許さない。
でもね、修復できなかった、守りきれなかったのは、そのせいだけじゃないって、
思います。→だから、事務所がすべて悪いと思ってる人は、ココまでにしてください。




SMAPって、グループは。
話さなくても、メンバーの思ってることがわかるって、
5人とも、ほんとコトあるごとに話してくれて。
ワタシの目には、それが誇らしげにさえ映っていました。
彼らの絆は、それほどまでに強いんだって。
だからね、今度の一件も、ホントのコトなんて、本人たち以外わかんないし、
きっと彼らは、墓場まで持っていっちゃうような人たちだから(言いわけなんてしないから)
想像でしかないけれど。
今回の飯島さんがやめるコトになったまでの動きについて(これは、事実だしね)
こんなに大事な場面でさえ、5人で話してないんだろうなって。
話さなくても、きっと同じだと、わかってるって思ったんじゃないかな。
で、蓋を空けたら、SMAPを守りたかったのは一緒だけど。
守るための方法が違ってて。そのまま、ボタンの掛け違えは治らなかった。



だから、ずっと願ってた。
5人で、ちゃんと話し合ってほしかった。向き合ってほしかった。
そしたら、もしかしたら、結末は変わったかもしれない。
変わらなくても、こんな後味の悪い結末ではなかったかもしれない。
木村担的には。絶対無理ってわかってたんだけど。
彼の方から、歩み寄りを見せてほしかった。
情けないとか、聴きたくなかった。
下の3人は、ずっとずっと上2人についてきてくれて。
さらに言えば、4人は、ずっとずっと木村拓哉って人を守ってきてくれた。
(そして、もちろん飯島さんも)
木村担だからこそ、常日頃から長年に渡り、思ってきたコトで。
4人には、ほんと感謝しかなくて。
彼らがいてくれてこそ、木村拓哉は木村拓哉であり続けたわけで。
今回の一連の流れのなかで。彼が、少しでも彼らの気持ちを汲んでくれていたら。
いや、ちょっと偉そうな言い方になりますが。
ほんとね、いい加減、気づいて!あなたが守るべきは、うわべだけのSMAPってグループじゃない。
ずっと一緒に苦楽を共に歩んできた、メンバー自身なんだよって。
と、ずっと思ってました。(思いは、やっぱり届かなかったけど。)



それでも、中居くんがなんとかしてくれるんじゃないか、って。
SMAPは、逆境にめっぽう強いから、なんとかなるんじゃないか、って。
終わりの予感をとにかく否定したくて、ずっとずっと信じてた。
だって、ファンよりも、彼ら自身がSMAPってグループを愛していたし。
慎吾なんて、15周年の国立で。
僕が一番若いから、一番長生きするから、1人でもSMAPやり続けるって、
そう、言ってくれてたし。
2011年震災からのSMAPにいたっては、ほんと無敵だったし、
これからのSMAPが楽しみで仕方なかったし、
ほんの5,60年をずっとずっと一緒に過ごせると、信じてた。
今年は、「華麗なる逆襲」や「Otherside」をやっと目の前で見れるって、信じてた。
まだね、ほんとに受け入れられないし、木村担であるこの先すらどうしたいのかわからない。
もう5人のウタが、パフォーマンスが見れないとか、
スマコンにもう2度と行くコトはないんだとか、
そんなことすら、他人事のように、ぼんやりと浮かんでは消えていく感じで。
発表の時期とか、スピードとか、会見なしとか、そのあたりは誰のせいなのかわからないけど。
彼らをここまで追い詰めた本当の戦犯たちのコトは、やりかた酷すぎて、汚さすぎて。
もうね、ほんと、SMAPがなにをしたっていうのって、悔しくてしょーがないけど。
最終的に解散するって決めたのは、いろんな状況を踏まえ、彼ら自身だろうし。
現実なんだな、受け止めなきゃいけないんだなって思うんですけど。
彼らと過ごしてきた時間が、長すぎて。想い出がありすぎて。SMAPが大好きすぎて。
ほんとね、なにも手が付かず、思考も回らず、答えもでないまま、時だけが過ぎています。

category: SMAP

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lucky11go.blog103.fc2.com/tb.php/1973-eaf9db02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お知らせ

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム