07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Be with you

潤くん大好き♪嵐大好き♪嵐くんのおかげで日々充実♪

終わりよければ全てよし ~嵐あゆはぴFINALを終えて。 

昨日は、10人で打ち上げをして、ホテルに帰ってからも6人で語り合い、
ワタシは、いつの間にかリビングのソファーベッドで寝落ちしてしまって。
8日の潤くんの様子をレポしようと思ってたのに、できませんでした!
(Twitterすら、ほぼつぶやけなくてーーー!)
なんせずっと、合宿さながらの団体行動してたんで、めちゃめちゃ楽しくて。
もうね、明けても暮れても、ずっと笑いまくってて(愉快な仲間たちと。笑)
さーらに、嵐のオーラスが予想を超えて、最高に素敵だったんで。
ワタシの苦しかった2016年は、いったいなんだったんだろ?ってくらい、
そして、2017年は、きっと素晴らしい1年になるだろうと強く感じたオーラスでした。


以下、細かなレポは、徐々にあげたいと思いますが。
取り急ぎ、ツアーを通して、感じたことから、書かせていただこうかなって思います。
良かったら、続きをどーぞ。






今年は、札幌初日から始まり、ありがたいコトに11公演参加できました。
札幌初日のMCで、智が、俺たちのライブは完璧だねってニュアンスのハナシをして。
正直なところ、初日でその言葉を言っちゃうリーダーにも、同調するメンバーにも、
えっ?こんなに緩い内容で、満足してるって、どーいうコト?って不安しかなくて。
もっとがんばれるよね?ってか、がんばらなきゃダメだよって、思ってて。
って言うのも、大好きな嵐のライブが、この程度なんて残念すぎるって想いが強くて。
(潤くん、ごめんね、厳しい目線のファンで)
あゆはぴツアーが、これから、どう変化していくのか、祈りにも近いキモチでした。
そしたら、札幌で気になってた部分は、東京で修正されたり、
オープニング挨拶で、会場のテンションをガンガンあげていったり、
MCもね、徐々に嵐らしいトークになっていったり、
腐女子向け?って感じたメンバーの絡みも、小芝居として観れるようになり(おいっ!)
要は、回を重ねるごとに、メンバーの自然な笑顔が、ほーんとに増えていって。
小芝居もね、潤くんが可愛くて可愛くて、ほんとに可愛くて(そこは、溺愛)
緩さの中に、嵐の頑張りや、メンバーがライブをココロから楽しんでる感が加わって、
いつのまにか、ワタシも、素直にワクワクするキモチが増えていって、
あゆはぴ、楽しいなって♪このまま、ずっと続けばいいのになって。




そんなわけで。福岡は、ツアー最後だし、地方だし、新年でキモチにも余裕あるし。
絶対、楽しい3日間になるって、そこは確信にも似たキモチがあって。
その辺は、心配は全くなくて、むしろ、終わっちゃうのが寂しいなぁって。うん。
ただ、ラブより以前は、嵐のオーラスの特別感は、ほんとに凄くて。ワクワクしかなくて。
(ポプコンは、ややあっさり→ラブで、戻ってきた感じはあったけれども)
そのあとの、デジ、ジャポがねぇ、びっくりするくらい、あっさりしたオーラスで。
他日と大差ないっていう感が凄くあって。逆に、そうしたいのかって聞きたいくらい(爆)
個人的には、オーラスは、やっぱりオーラスにしかない特別なものであってほしくて。
なので、あゆはぴオーラスの行方が、気になって、気になって。
終わっては、欲しくないけど、そこは、気になるっていう(ヲタクは心配する生き物)


オープニングでモニターで映し出された、あゆはぴロゴの下に、
ピンクの文字で追記された「FINAL」の文字。
会場がね、ほーんとに、一気にヒートアップして。期待感でいっぱいで。
オープニング挨拶でも、メンバーが個々に、最後だよっ!って、煽ってくれて。
あぁーーー、この感じ!!!これこそ、オーラスの始まりだよっって。
大好きだった潤くんソロも、これが最後だと思うとね、
なんかもう、札幌初見の感動が蘇ってきて。たまらなくなってきて、
嬉しそうに笑顔で歌ってくれている潤くんが、とにかくひたすら愛しく思えて。
ほんと、こんなにも大好きなソロをずっと魅せてくれて、ありがとうって。


そして、時は過ぎていって、アンコールで、嵐がはけていったあと、
鳴りやまない嵐コールのなかで、聞こえてきた、懐かしい潤くんの煽り。

どうする?まだ、やるの?

これこれ、いつから聞けてなかったんだろう?潤くんの1人小芝居(笑)
もうね、これが聞きたくて、聞きたくて。懐かしくて、ひたすら懐かしくて。
モニターに、5人が映し出された瞬間の、会場の大歓声って言ったら、ほんと凄かった。
みんなね、待ってたんですよ。ダブルアンコールで出てきてくれる彼らを。
個人的には、ダブルアンコをココまで出し惜しみするわけを、潤くんに聞きたいけど(笑)
とにかく、ダブルアンコで、もう一度、ステージにぞろぞろと現れてくれた嵐の姿を見て。
(しかし、なぜに、ツアーTシャツではないの?って件も、潤くんに問い合わせしたいけど)
やったーーーって、嬉しくて、嬉しくて。嵐も、ほんとニコニコ笑ってくれてたし。
会場もね、一番明るい照明に変わって、開放感凄かったし。
(会場の明るさもね、ときには重要なんだよっって、潤くんに伝えたいけど)
あぁーーー、これだよ!これ!この感じ!
そーだ、書き忘れちゃったけど、Daylightのときに、モニターに、
ツアーお疲れさまでした!って、文字が映し出されたのもね、嬉しかった♪
聞きなれた、歌いすぎてる(笑)A・RA・SHIだけれども(おいっ!)
一生懸命、C&Rして、一生懸命、歌って手振りして、
終わりゆくツアーの、最後の1曲だって高揚感をみんなで共有して、
まさに、HAPPYに満ち溢れた空間で。あぁーー、幸せすぎるって。うん。


そのあと。潤くんが、
うちわもペンラも置いて

きたーーー!ワタシの大好きな潤くんのコトバ。
オーラスレポは、また別記事であげますので、簡単にしちゃいますが。
もうねぇ。たまらなかったです。予想外だったんで。このコトバ。
おまけに、Jr.やバンドメンバーまで、ステージに出てきてくれたし。
翔ちゃんから、最後の挨拶で、いつぶりだろう、、、
嵐はスタッフに愛されてる
ってくだりもあったし。
ココ数年、嵐に、ライブですら、ビジネス感が見え隠れするようになって。
なんだろうなぁ、、嵐もつまらない大人になっちゃったんだろうかって、
スタッフさんたちに、ちゃんと愛してもらってるんだろうかって、
不安と寂しさと心配が、ずっとずっとココロのなかにあったので。
あゆはぴツアーのオーラスを誰よりも楽しんでる彼らを見て。
スタッフさんたちに愛されている姿を知ることができて。
あぁーーー、なんて嵐らしいオーラスなんだろうって。
これこそ、嵐のツアーFINALだよって。
嬉しいキモチでいっぱいの、満足感たっぷりの、笑顔の花で満ち溢れすぎた
そんなオーラスを、嵐と一緒に過ごせて。嵐のファンでよかったなぁって。うん。



潤くんからは、嬉しいコトバをたっくさん聞けたけど。
やっぱりね、なによりも嬉しかったのは、ファンへの感謝のコトバ。

そして、今日この会場に集まってくれた40000人、
そしてーーー!普段から俺らを応援してくれてるファンのみんな!!!
どーも、ありがとーーーーーー!!!!!


福岡に来れなかったファンに届けぇーーーって言ってるかのような、
潤くんの、精一杯のキモチのこもったファンのみんなへの想い。
ほんとね、とにかく、ココが嬉しくて。嬉しくて。潤くんを大好きでよかったって。
そしてね、終わった後のたっぷりな余韻のなかで、思ったんです。
終わりよければ全てよしって。
最高のオーラスを迎えるために、札幌からの積み重ねがあって。
ココ、福岡が集大成だったんだなって。
最初は、ほんとに心配と落胆がいりまじった、ほろ苦いツアーだったけれども。
その頃は、こんなにも最高のラストを迎えられるなんて、思いもできなかったけど。
終わりよければ、すべてよし。
昔の人は、いいコトを言うんだな――って、本気で思いました(笑)

潤くんが、最後に、
ありがとう!ふくおかーーー!って言ってくれて。
すっごく、嬉しくて。ほんと、ありがとう、福岡だよって思えて。
そして、ホントの最後の最後に、翔さんが言ってくれたコトバ。

Yes!We are HAPPY!!

このコトバがまさに、このツアーの問いかけへの答えだった気がしました。
嵐もスタッフさんもファンも、みんなで幸せだよっ!幸せだったよっ!って、
ココロから素直に言える、そんなツアーになってよかったなぁって。
秋から、年をまたいで、冬にかけてのAre you Happyツアー。
明日からも、ずっとずっと幸せなキモチでいられるような、そんな温かな時間でした。
智、翔さん、雅紀、ニノ、潤くん。
忙しすぎる日々のなかで、こんなにも素敵なツアーを作り上げてくれて、
こんなにもワクワクさせてくれて、一生懸命盛り上げてくれて、ほんとにありがとう。
これからも、ずっと一緒に、みんなで幸せであり続けようね。
ずっと一緒に、みんなで、笑っていようね。
それが、嵐らしいし、嵐だからできるコトだって、信じてるから。。。

category: Are You Happy?

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lucky11go.blog103.fc2.com/tb.php/2026-2467ffc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お知らせ

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム