FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Be with you

潤くん大好き♪嵐大好き♪嵐くんのおかげで日々充実♪

自分らしく、ありたい vol.1 

潤くんの誕生日以来、更新が止まっていて、すみません!
その記事のなかでも、チラッと書いてましたけど。
あのあたり、久しぶりに凹んでて。食欲もなく、思いがけず痩せたのはいーけど(笑)
ほんと、これからの人生、どーしたら、、、と、それからずっと考えてて。
ワタシの考えって、おかしいのかな?
この選択は、間違いなのかな?
そんな不安を、数人のお友達に相談して(→ほんと、ありがとね♪)
的確すぎるアドバイスと激励をいっぱいもらって。思いっきり、背中を押してもらいました。
あっ、離婚とかではありません(笑)


良かったら、続きをどーぞ。
今のところ、まだ、模索途中なんで、vol.1とさせていただいてます。
最終的には、良い結果報告ができたら、ベストですけど。
今は、ただの自己満足な日記です。自分を奮い立たせるために書いちゃいます。





ワタシ。出産後、再就職し、長年勤務した食品会社を退職して
(ココは、ほんと居心地の良い会社でした)
転職し、結婚以来、初のフルタイム勤務で働き、さらに1年後、今の会社に変わったんです。
月給制の契約社員って部分に惹かれて、会社の規模とか社風とか考えずに入社したんですが。
で。まさに自業自得ですが、ワタシには、会社の社風が全く合わなくて(爆)
ただ、性格上、すぐに辞めたりはできなくて、そのまま2年がたったわけですが。
かーなりね、我慢に我慢を重ねてきたんですけど、理不尽に耐えかねて、ちょっと意見したら。
通常の会社だと、ただの意見です。風通しの良い会社なら、全然問題なく、過ぎていく、、、
そんな些細だと思われたコトが、なぜだか大問題。大罪でも犯したかの扱い。
(簡単に言うと、ワタシには、北朝鮮みたいな会社です。苦笑)
ワタシ、ずっといわゆる大企業で働いてきたので、小さな会社のこだわりが、ほんと理解不能。
なぜ2年も働けたかと言うと、1日の半分以上を出先の官公庁で仕事をしているんで。
そこの職員の方々の、当たり前の感覚に助けられて。なんとか精神的に保ってた感じ。
凄く懇意にしている職員さんだけには、だいたいのハナシをして、相談したら。
それは、○○さん(ワタシ)は悪くない。
悪くないから、普通にしてればいいって言ってくださって。
ほんと、泣けるくらいありがたい励ましと、親身な対応に救われたわけですが。
なんかね、その1件で、ワタシは、このままこの会社でやっていけるのかって思っちゃって。
答えは、迷わず、NO。
この先ずっと、イエスマンで生きていかなきゃならないなんて、絶対無理。



でもね、現実的に、アラフィフなわけで。今までは運よく、すぐに入社が決まってきたけど。
年齢的なマイナス面は、否めない。自慢できるスキルがあるわけでもない。
事務系に転職希望なワタシ的には、ほんと、いばらの道になるのは、間違いない。
ワタシの選択は、果たして正しいのかな。
わざわざ、いばらの道に進むのは、愚か者なのかな。
ワタシを認めてくれる、選んでくれる場所って、あるのかな。
転職を決意したものの、不安がありすぎて、うだうだ悩んでるときに。
普段から、いろいろ相談しているYさん(@櫻井)や、
いつも気にしてくれる相方Hちゃん(@相葉)
たまたま別件でlineくれたYちゃん(@慎吾)も、
いきなりの相談なのに、たくさんアドバイスくれて。
なんかね、ほんと、背中を押してもらいました。
そして、やっぱり、思ったんです。自分らしく、ありたいと。



決めたからには、1月の誕生日までには、なんとかしたいキモチになり。
(だって、また、ひとつ、歳とっちゃうし。笑)
まずは、今までの転職は、ずっとハローワークで紹介してもらった経験から、
3年ぶりに、ハローワークに足を運んだんですけど。
3年前よりも、さらにネット社会が進んだせいか、情報の拡散が簡単にできるため、
ひとつの求人に対して、おそらく昔よりも不特定多数の人が情報を得られ、
結果、応募殺到となるため、まずは書類選考→面接の流れが主流になっていて。
ワタシ。自慢じゃないですが(→すみません。笑)面接が大得意で。落ちたコトがないんです。
だけど、書類選考だと、おそらく年齢で、切られてしまうなって。
友達たちも、面接までいけば、ワタシなら大丈夫って、言ってくれるんですけど。
面接までの道のりが険しいなって、実感→そして、また凹む(笑)



自分の人生を悔いたくはないけれども。
ちょっと、安易、ってか、流されるままだったかなって、思ったり。
こんなに、しんどいキモチになるのなら、辞めちゃってもいいんじゃない?って思ったり。
ヲタク辞めて、普通にお茶の間ファンなら、働かなくても大丈夫だしって思ったり。
でもね、ワタシは、結局、松本潤ってひとを、諦められなくて(→結局、そこ!)
これからも、潤くんに逢いたくて。とにかく、逢いたくて(すみません、気持ち悪くて。笑)
そうなるとね、自分で働かなきゃ、思うように、逢いに行けないわけです。
一方的で、ほんと身勝手な想いだけど、それぐらい、特別な存在なんです。
ちょうど、そんなときに、BAILAのインタビュー記事を読んで、びっくり。
えー!潤くん!ちょっとタイミング良すぎない?(→たまたまなのは、百も承知。笑)
って、本気で思ったくらい、いまのワタシには、ココロに響くテキストで。

今のままで満足するのではなく、目標に向かって一歩一歩前進し、
自分らしい人生を送りたい。


ほんとね、ワタシに不幸が舞い降りてきて以来、ずっと悩んでましたけど。
いまの会社では、ワタシは、ワタシらしく生きていけないし、疑問符ばかりが付きまとう。
安定ってコトバに、やっぱり満足したくないし、自分らしく人生を送りたいなって。
自分の人生は、自分でしか前に進めないですもんね。

そして、こんなコトバも。

年齢で人を判断することはどうも苦手、、、
何歳だからって自分の限界を決める必要なんてないと思う。


ヲタクという生き物は、大好きなひとのコトバを、まるで自分に言ってくれたかのように
都合よく変換するのが得意ですけど。
ほんとね、年齢で、うだうだ言ってるワタシには、このコトバはずっしりきました。
もしかしたら、年齢にこだわっているのは、ワタシ自身で。
限界も、自分で勝手に決めちゃってるんじゃないかって。
なんかね、このタイミングでの、潤くんのコトバに、勝手に背中を押された気分のワタシ。

まるで、気分は、以心伝心!


もはや、こうなってくると。
今まで通り、潤くんに逢いにいかなきゃ!(→もちろん、一方的に。笑)
潤くんに、恥ずかしくない生き方をしなきゃ!(→もちろん、自己満足。笑)
って、潤くんを主軸にした、ヲタク的思考が蘇ってきて。
これは、なにがなんでも、転職してやる!!!って、
なんの見通しもない、どちらかというと、お先真っ暗なのに、
根拠のない自信というか、野望というか(→ほんと、ポディティブ脳ですみません)
そんなものが芽生えてきて。今の仕事も、最後まで一生懸命やってやるってキモチになり。
ハローワークで直面した現実をなんとか打破しなきゃって、思えるように。
潤くん、ほんと、ありがとう。潤くんのコトバに、勇気をもらいました。



そうそう。BAILAテキストは、潤くんらしさに溢れてて。
全編にわたって、とにかく大好きなテキストなんですが。
なかでも、ココは、ワタシも絶対そう思って生きてきた!って部分があって。

人づきあいはケースバイケースなものですが、”ギブ&テイク”を求めちゃダメ!
打算なんて見えたらアウトだし、損得で動く人とは仲良くなれない気がします。
それを取っ払って、尊敬できる人ときちんと向き合い、コミュニケーションを
とろうとすることが重要なんだと思います。


あーー、まさに、ワタシの人との関わりあいの指針みたいなコトバで。
損得勘定が見えたら、辟易するし。つきあいえないし。
やっぱり、尊敬できるってコト、向き合うってコトが、ポイントだなって思います。
そして、コミュニケーション大切よね?潤くん♡
なんかもう、潤くんって凄いな、
インタビューで、こんな風に説得力のあるコトバを、きちんと発信できるんだって、
BAILA読みながら、感心しきり。
ほんと、尊敬しかないです。ほんと、大好き(結局、溺愛)

ワタシの転職への道は、まさに、いばらの道ですけど。
険しすぎて、くじけそうですけど。
励ましてくれたお友達のコトバと、そして、潤くんのコトバを忘れずに、
想い描く先にたどり着けるように、がんばっていきたいと思ってます。
いつも、更新のたびに、拍手やコメントをいただきまして、ありがとうございます。
コメ返も、止まっていて、ごめんなさい。全部、楽しく読ませていただいてます。
更新も少なく、ほんと申し訳ないですが、これからもよろしくお願いします(^^)/

category: 日々のつぶやき

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lucky11go.blog103.fc2.com/tb.php/2099-8c1887bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お知らせ

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム