FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Be with you

潤くん大好き♪嵐大好き♪嵐くんのおかげで日々充実♪

10年ぶりの道明寺司 ~花のち晴れ。 

家の中にいると、ちょうどひんやりしていて、いい感じですが。
きっと、窓から見る景色を見ていると、外は暑いだろうなぁと推測。
(今日は、ほぼほぼ外に出ないと誓って、引き籠り中)
そして、語りたいコトは、相変わらず山のようにありますが。
なにはともあれ、潤くんが友情出演したドラマについて。
ちょっと、世間の熱狂ぶりとは違った感想になるはずですが、
良かったら、続きをどうぞ。







先月末のEnjoyで。
春は少しゆっくり出来たら良いけど。
そうもいかなそうですので。

これね、このくだりで、潤くんからファンへのサプライズがあるなぁって思ってたら。
潤くんがゲスト出演すると、後日わかり。
もうねぇ、相変わらず黙っていられない潤くんが、可愛くてしょーがなく。
そして、当日。ワタシ、ちゃんとリアルタイムで見ようとチャンネルを合わせていたのに。
珍しく、息子が見たくないと変えてしまい(→この件に関しては、多くを語らず。笑)
ちょうどその日は、恐ろしく寒くて。
とても2階の冷え冷えとした部屋で視聴する気にもなれず。
潤くんの部分だけ、後で見ればいいや(おいっ!)的なワタシ。
そしたら、相方Hちゃん(@相葉)から、Twitterがサーバーダウンしたよとlineが来て。
えっ?ナニゴト?
どうやら、潤くんが登場した辺りで、Twitterが重くなり、落ちたらしい。
でも、潤くんが登場した辺りにN美ちゃん(@松本)から意外に冷めたline来てたんだけど!
で、気になり。Twitter検索したら。

道明寺だらけ!!!!!

ホットワードも凄かった!


ワタシの予想をはるかに超えての、道明寺フィーバー!



でね、さっき登場したN美ちゃんのlineを思い出したわけですが。
潤くんは、たしかにカッコいいし、素敵だとは語っていたけど。
世間の道明寺フィーバーとは違って、意外に冷静。
ワタシもね、そのあと、潤くんの登場シーンを探しながら、見たんですけど。
どーにも、Twitterで巻き起こった道明寺フィーバーが違和感満載で。

確かにね。
ほんのわずかの登場シーンだったけれども。
ファーストカットから、ワタシがずっと追いかけ続けた道明寺司がそこに現れて。
背中越しの佇まいだけで、10年ぶりって信じられないくらい、あの頃が蘇り。
そして、
ったく、しょーもない野郎だな、、、お前と言いながら歩く後ろ姿。
サングラスを放り投げる仕草。
右足からの、恐ろしいくらいのかっこいいキック。
仲間がやられてんのに、黙って突っ立ってるだけか。
じゃあ、強くなれ。
大切なものを守るためには、強くなるんだ。

道明寺司らしい美学の詰まったセリフと、宇多田ヒカルの音楽。
(相変わらず、泣けるくらい大好きすぎるマッチング)
おーい、いつまで泣いてるんだ。
のあと、翔くんの目線にかがんで、髪の毛に手を置いて、まっすぐな目で。
頼んだぜ、英徳を!


・・・素敵すぎる♡


ヲタクの想像ですけど。
道明寺司として現場に入り、カメラが回る直前の潤くんを見て。
きっと、当時の現場にいたスタッフさんたちは、ココロのなかで歓喜したんじゃないかなぁって、
そう思えるほど、威風堂々としていて。そして、なによりも道明寺司そのもので。

歌にドラマにバラエティーに、忙しい日々を送り。
チケットが思うように取れないほどの人気グループの一員として、
今もなお、第一線で大活躍しているなんて、
10年前には、まだまだ夢でしかなかったけれども。
10年後のいまも、変わらずにスターで。むしろ、10年前よりも大きくなって。
そして、もちろん役者としてのキャリアも実績も十分すぎるくらい積んで。
そんな潤くんだからこそ、胸を張って、道明寺司役に戻ってこれたんだと思う。



そんな潤くんを、道明寺司を通して、感じて。
そういう意味で、物凄く感慨深く、何度もリピートしちゃってますけど。
だって、まさか10年後に、こんな風に、道明寺司に逢えるとか、思ってなかったし。
あの頃は、これが最後と思って、映画まで追いかけ続けたわけだし。
ホントね、今回の友情出演は、潤くんが潤担にくれたギフトとしか思えなくて。
そんな自担の姿を見て、改めて、松本潤を誇りに思ったし。
こんな夢を見させてくれる自担をずっと大好きで良かったと、潤くんに感謝しかないし。
潤くん、凄いよっ!ホント、大好きっ!



と、潤担ならではの感慨だけに浸りたかったんですけど。
予想をはるかに超えての道明寺フィーバーに、正直ひいてしまって。
きっとね、リアルタイムで花男を見れなかった世代の人たちが、
再放送などで、花男を知り。そして、やっと現れたリアル道明寺司。
(今の嵐ファンの大半も、同じような感じだと勝手に推測)
そして、当時にはなかったTwitterというツールもあり。
えっ?道明寺って、そこまで人気あったの?知られてたの?
なぜ、ココまで大騒ぎになるくらいなの?と、違和感満載(おいっ。笑)
実際に、ワタシの周りの潤担は、静かなもので。
(Twitterにハマってない人たちというのもあるけれども)
潤くんがカッコいいのは、いつものコトで(→これって、潤くんが凄いんですが)
潤くんなら、10年ぶりだって、道明寺を完璧に演じるはずって安心感もあり。
(これも、潤くんが凄いってコトなんですけど)
潤くんが、10年後、わずか数分間の出演で、しっかりと爪痕を残せたコトが嬉しい。
そういうスタンスだからかな。Twitterの大騒ぎにびっくりしたわけです。



10年後に。後輩のバーターとかじゃなくて、むしろ強烈な援護射撃として。
きっとね、ぜひ!って頼まれたに違いないと、ヲタク的には思ってますが。
それ自体が、潤くん凄いって思ってます。
ずっとね、第一線で頑張ってきた証だと思えるから。
もちろん、ビジュアルもカラダも変わらず素敵だし、アクションも磨きがかかってるし。
だからこそ、なんの違和感もなく、Twitterが沸き立つほどだったんだろうし。
潤くんもね、お世話になった方々に、恩返しできて嬉しかっただろうなぁって。
まさか、34歳になって、道明寺司を演じるコトになるなんて思ってなかっただろうから。
潤くんも、戻れたもんね。ほんのわずかだけど、あの頃に。
そう思うと、人生って面白いよね。予想だにしないコトが起きちゃうし、
人生に無駄なコトってないんだなぁって。うん。

潤くん。本当にありがとう。
これからも、たくさんの夢を見せてくれたら、嬉しいし、
そんな潤くんに、ずっとついていきたいと勝手に決めてます(→怖いから。笑)

category: 嵐 松本潤

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lucky11go.blog103.fc2.com/tb.php/2194-9609db26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お知らせ

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム