FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Be with you

潤くん大好き♪嵐大好き♪嵐くんのおかげで日々充実♪

永遠のニㇱパ 

2018年6月の発表以来、待ちに待った7月15日、海の日。
潤くんが初めて挑む時代劇、
そして実在の偉人の生きざまを演じる「永遠のニㇱパ」

制作発表の場で。
150年という節目のタイミングで、
このような意義のある作品に参加させて頂ける事を光栄に思います。
この作品を通して、アイヌの人々の文化、北海道の歴史を
視聴者の皆様に感じて頂けたら嬉しいです。


そして。
僕にとって、とても大きな挑戦になると思います。
大石静さんの力強い脚本を表現できるよう、
しっかり準備をし、心をこめて松浦武四郎さんを演じたいと思います。


この1年、ツアー等で、幾度となく潤くん自身からこのドラマに懸ける想いを知り。
絶対に、素敵なドラマになるはずと信じていましたが。
潤くんがこのドラマに携われて良かったなぁと、心からそう思いました。
以下、感想です。溺愛目線ですが、良かったら続きをどうぞ。



江戸時代末期。激動の時代。
蝦夷地と呼ばれた、未開拓地の物語。
潤くんから、アイヌという言葉を聞き、真っ先に思い浮かんだのは、
大学生の頃に訪れた、ポロトコタン。
友達たちと初めて訪れた北の大地の雄大な景色に魅了されていたなかで。
わけもわからず、旅行日程のなかに組み込んでいたのが、ポロトコタンでした。
他の観光地とのギャップに、まず違和感。とにかくずっしり重くて暗い。
アイヌの歴史の重みもわからない人間が行く場所じゃなかった。。
あれから、アイヌを知ろうともしなかった私には、
ある意味、反省を踏まえながらの視聴でした。



アイヌの人たちがひどい目にあっているシーン、リセが語るひどい過去。
きっと潤くんも演じながら、憤りを隠せなかったんじゃないかな。
ワタシは、こんな真実があったことに驚き、憤り、そして、見るのがツラかった。
たぶん、潤くんがこのドラマに出てくれなかったら、
きっとこの先も、アイヌの歴史を知らないまま、過ごしていただろうし。
大好きな北海道の、知らなければいけない真実を知って。
(→まだまだ知らないことだらけだろうけど。)
潤くんが、松浦武四郎さんを演じてくれたことに、感謝しかないです。
潤くん、この作品に出演してくれて、ありがとう。



ストーリー的には。
松浦武四郎という、歴史上では決してメジャーな人物ではない人を描くことって。
やっぱり、かなり難しいんだなぁとは思いました。
ドラマティックなコトもなく、むしろ、思い通りにいかない時代背景。
それでも、実直に自分の使命を果たそうとした松浦武四郎さんの生きざまを
潤くんが、物凄く丁寧に全身全霊で演じている姿を見て。
武四郎さんのなかにあった熱い想いを体現する姿を見て。
今まで知るよしもなかった松浦武四郎さん、そしてアイヌの素晴らしさを
もっと知りたいなって、素直に思いました。
と、同時に、あの頃の無知すぎる自分に渇をいれたかったです(笑)




不埒なヲタク的には。
ワタシは、深田恭子ちゃんが大好きなので、潤くんと共演してくれたコトが夢のよう。
深キョン、潤くんと共演してくれて、ありがとう。ホントに大満足でした!
次作は、ぜひラブラブな恋人役で♪(深キョンなら大歓迎♡)
そして、潤くんの凛とした佇まい、所作の美しさに、めちゃめちゃ魅了されました。
なんて、綺麗に演じるんだろうって惚れ惚れ。
あっ、潤くんの綺麗な目元のまつ毛が美しく映える撮り方をしてくれたトコなんて、
ホント、そこだけは、現代に戻ったかのように、萌えました!(不埒すぎる)
松浦武四郎さんの、アイヌの人たちへの畏敬の念。
あれは、潤くんにとっても、同じキモチだったんじゃないかなって、
それが、とても演技から伝わってきて、凄く良かった。
そして、潤くんの優しさ、温かさ、ひたむきさ。
ホントね、松浦武四郎さんが、想像以上に潤くんとリンクしちゃって。
よくぞ、潤くんの資質を見抜いて抜擢してくれたなぁと、
NHKの方々にも、ありがとうって想いしかないです。




潤くん。
寒さや大自然との戦い、そして、撮影の合間に、札幌地震もあり。
アイヌへの想い。北海道への想い。そして、松浦武四郎さんへの想い。
いろんな想いを抱えての、初めての時代劇。初めての偉人役。
想像でしかないけれども、ホントにホントに大変だったんじゃないかなって。
だけど、それ以上に、この作品を通して伝えたかった信念が潤くんにはあって。
いろんな試練を乗り越えて、全国の視聴者の方にやっと見てもらえて。
ホントに、ワタシも自分のコトのように、嬉しいし、なんだかホッとしちゃって。
そして、この作品を通じて、潤くんの伝えたかったコトが、
たくさんのかたに感じてもらえますように。
少しでも、潤くんの想いが届きますように。
そう、強く願ってます。
潤くん、素敵なドラマを届けてくれて、ありがとう。
あなたを大好きでよかったと、また、思っちゃったよ♡(→毎度すぎるけど。笑)

category: 嵐 松本潤

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lucky11go.blog103.fc2.com/tb.php/2417-62b03b68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お知らせ

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム