FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Be with you

潤くん大好き♪嵐大好き♪嵐くんのおかげで日々充実♪

Happy Live パフォーマンス編。 

嵐以外のLiveも、ほぼほぼ見終わりました!(相方、ありがとう♡)
あらかじめお断りしておきますが、残り少ない嵐のライブを見る機会があって、
そこの部分は本当に嬉しいし、多くを望むのは贅沢なのかもしれないと理解しています。
ただ、今回のライブに関して言えば、同じ条件下でのパフォーマンスというコトで、
嵐と他Gの違いもたくさん見えてしまいました。良くないほうに。
個人的には、嵐ツアー初日札幌を見たような気分です(→ニュアンス伝わって)
そして、その都度、ココでも伝えてきましたが、嵐コンってこんなものじゃないよねって、
残念だけど、今回、その想いがめちゃめちゃ募りました(→この想いも伝わって)



潤くんからすると、ワタシの感想は、完全に素人なんだけど、
だけど、ライブって、素人が見るんだからね!笑
(→だから、プロからすると、視点おかしいだろうけど)
とにかく、次回もしも全グループのライブ共演企画がまたあったら、
嵐のライブって、凄いんだなって、そんな感想でTwitterが埋まってほしい。
そんな想い(=切なる願いともいう)をこめて、まずは、パフォーマンスの感想を。
察していただいたと思いますが、今回、辛口です(→察してくれてありがとう)








潤くんが、Enjoyで話してくれたコト。
なかなか内容的に出来ること出来ないことがあったので難しい部分もありましたが
これが、どの部分なのか、それは具体的にはわからないので、想像でしかないけれど。
ワタシのなかでは、嵐コンでは定番のムビステとか、制御ライトとか、
そういったものが使えなくて、全Gが同じ条件で会場を使用するコトは、
潤くんにとっては、やりづらくて、難しいと感じたのかなって、思ってて。
今や、ムビステやフリフラが定番となり、光や映像効果など、予算も潤沢に使えて、
緻密に計算されたステージが代名詞ともなっているなかで、こうしたライブを作るのは、
潤くんにとっては、計算外のコトが多かったのかもしれない。
だけど、逆に言えば、同じ条件下でこそ、嵐って凄いって思わせてほしかったのは、
きっと少なからず、嵐ファンは思ったんじゃないのかなって。ワタシ含め。




嵐と他Gの違いで、明らかだったのは、他Gは会場全体を使っていたってこと。
それが絶対に正解かなんて、ワタシにはわからないけれど。
例えば、バクステまで続く長い花道で、全員で背中合わせになって、
アリーナに入っているだろうファンに向かって歌う演出をしていたG。
例えば、スタンドのなかにはいって歌う演出をしていたG。
例えば、アリトロ乗車中に、目線を落として、笑顔でお手振りをしている演出をしていたG。
横浜アリーナという、広い空間を使っての演出をする他Gのパフォーマンスを見て。
ワタシのなかでは無観客なのに、そこにファンがいて一緒に彼らと楽しんでいる感が凄くて。
反面、嵐のライブがね、横浜アリーナでなくてもいいんじゃないのかなって導線を見て。
正解かどうかより、他Gが、横浜アリーナでのライブを念頭にいれて、
限られた時間の中で、きっと一生懸命考えて、そしてリハーサルを重ねてきたんだなって。
そして、彼らの視線の先には、自分達のコトを応援してくれてるファンがいたよねって。
そう思わせてくれたのは、映像としての見栄えより、ライブ感を優先して、
その空間にファンがいる錯覚をね、ちゃんと伝わるように、作ってきてくれて、
とってもパワフルで、熱量の高いステージを魅せてくれたから。どのグループも。
正直、あまり好きではなかったグループのライブでさえ、ホントに頑張ってる姿をみて、
凄く引き込まれたし、そのグループのファンが羨ましいなって思えた。




嵐のライブは、良くも悪くも、TVサイズの嵐で。
初日は、まだ、キンプリとV6だけだったので、違和感がなにかわからなかったけど。
日を追うごとに、その違和感が目立ってきたのは、事実。
潤くんの言う通り、出来ないコトもたくさんあっただろうとは思うけど。
個人的には、広いアリーナで、自由にのびのびと楽しむ嵐がみたかったかな。。
たしかに、普段、ムビステ利用のため、ほぼほぼ歩かないライブに慣れているので、
バクステまで長い花道を歩かなきゃ辿りつけないとか、アリトロ動線の自由がなかったり
スタンド使う演出なんて普段なら収拾つかないから、やりづらかったのは、否めない。
だけど、ワタシの知っている嵐は、花道を全速力で汗だくで走ったり、
手が触れそうなほどの距離のアリトロで、ファンにめっちゃ笑顔振りまいてくれたり、
ファンが歌うパートをリアルに聞き取りたくて、イヤモニ外したり、
ステージから降りて、歩いて、アリーナを通ってくれたり。
ファンの目を見て、お手振りをしてくれて、ファンがあたふたするのを見て笑ったり。
嵐のライブって、凄いんだね!楽しいんだね!って、夢中にさせてくれたじゃない?
計算された緻密なステージングが売りになっちゃうと、それってできないコトなのかな?
・・・そんなことないよね?嵐って、元々、汗だくのイメージのグループだったじゃない?
(だからといって、30分という限られた時間のライブの中で、体操で汗をかく意味じゃない)




ワタシは、潤くんが心血注いで作り上げてくれる嵐コンが大好き。
このひとの頭の中って、いったいどうなってるんだろうって、何度思ったかわからない。
前年度のライブレベルを年々塗り替えていくって、簡単なコトじゃないし、
2017年には、ワタシのなかで最高峰だと思わせてくれた「untitled」を魅せてくれた。
そして、従来のライブでは、変えるのは難しいと思っていた部分も、
徐々に、そして、鮮やかに解消してきてくれた。
ホントに、凄い人だと思ってるし、誇らしい自担すぎると思ってる。
それぐらい、松本潤の才能に惚れてます。
だからこそ、Happy Liveのコンセプトが残念でしかたがない。
嵐コンって、こんなものじゃないよねって想いも、いまだ消えない。
他Gと同条件だからこそ、圧倒的な王者のパフォーマンスを見せてほしかった。
そして、その場所には、ファンの姿もね、思い描いてほしかった。
潤くんの才能を信じているからこそ、もう1度、Happy Liveをやってほしいと思ってる。
もうがっかりさせないでほしいって思ってる。(→ホントにリピれないって哀しい)
残り半年。もしかしたら、こんな風に書く機会は、2021年以降ないかもしれない。
見れるだけで贅沢だったよねって、2021年以降、思っちゃうかもしれない。
だけど、ワタシは、嵐コンが大好きで、潤くんの作り上げるライブにワクワクしたいから。
願いをこめて、まずはパフォーマンス編感想を書きました(切なる訴えともいうけど。笑)

category: 嵐 歌番組

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lucky11go.blog103.fc2.com/tb.php/2571-9e8d5461
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お知らせ

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム