07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Be with you

潤くん大好き♪嵐大好き♪嵐くんのおかげで日々充実♪

潤くんの入所記念日。 

ワタシ的には、非常にバタバタしてまして。
相葉さんのラジオも、なんだか中途半端な聞き方で(平謝り!)
でも、なんだか、ほっこりしました。ほーんと、あの喋り方が大好き。
ムテキな相葉さんは、また、違うエントリーで、少し語りたいなと。はい。


5月17日。
去年は、ちょうどドリアラ大阪コン初日の翌日で。
せっかくの空き日なのに、大阪のどこにも行かないで
4人で夜まで、ずっとドームにこもりっきりで、一生懸命リハしてくれてたんだよね。
(翔ちゃんは、京都でお仕事だったかと。)
あれから、もう1年か。なんだか、時の立つのは、ほんとに早い。うん。


そして、5月17日は。
大好きな潤くんが、ジャニーズ事務所に入った記念の日。
もう少し、潤くんのコトを。。。










うちの息子ちゃん(小6)と、さほど年齢が変わらない頃に。
自分で、ジャニーズに入ろうと思ったコトが、息子ちゃんを見てると信じられない。
きっと、その頃から、アイドルになる運命の人だったんだろうなって思います。
その頃の潤くんは、古いVTRでしか、知らないけれども。
すっごくちっちゃいケド、キラキラ輝いていて、キラリと光る存在感があって、
ありえないくらい可愛い。こーんな子は、いないもん。周りには(当り前か!笑)
バレンタインにクラス全員から、チョコをもらった逸話もね。納得のビジュアルで。
そうそう。こないだの相葉すごろくの回で、またバレンタイン話をしてたけど。
いつから、幼稚園に変わったの?>松本さま。
その逸話は、小学校のときって、確か2回は、過去に話してますけど(笑)
って、すごろく見ながら、TVに向かって、松本さんにツッコミいれた松本ヲタです。
どちらにしても。モテ自慢バナシに、必ずその逸話をする潤くんが可愛すぎて。
それ以外にも、モテモテ自慢なら、きっと山のようにエピソードがあるはずだけど。
中学でジュニア入りしちゃったから、それ以降のラブ話はリアルすぎるからかな?
(他のジャニは、みなさん平気で、話してますけど。嵐くんはNGか。やっぱり)
まっ。また、それは、別の機会に(笑)













潤くんが、めでたくジャニーズ入りしてくれて、ずっとジュニアでがんばってくれて。
そーして、嵐のメンバーとして、輝き続けてくれたおかげで。
遠回りしたけれども、今、潤くんと、同じ時代を過ごすコトができて。
潤くんのいろんな表情を、いろんな想いを知ることができて、
全然、手の届かない人なんだけれども、何故か、とっても近くに感じられて。
年下なのに、ワタシなんかより、ずっと大人に思えて。
かと、思えば、やっぱり、25歳のお茶目な部分も、いっぱい持っていて。
松本潤という存在。。。全てが、愛おしいです。はい。














以前に、雑誌『GINZA』のテキストで。

『ずっと応援してとは、あんまり思わない。』
『応援してもらうのは嬉しいし、一緒に成長していけるのは幸せだけど』
『ファンの人の人生のほんの一瞬、たまたま興味を持ってくれるだけでいい』
『何かの拍子にオレの言葉を思い出してもらえるくらいで。』
『溺愛されるのは、いいんだけど。オレ、仕事でしか返せないし』

(ニュアンスで、お願いします。)

って、話しているコトに、かなーり動揺して。なんだか、深いなぁって。
ワタシ自身、どう受け止めていいのか、迷っちゃったんです。
松本潤の、このコトバの本意は、どこにあるんだろうって。
でも、きっと、これは、本音なんだろうなって。(正直な人だから。うん)
嵐というグループが、急激に、大きくなりすぎて、
それまで以上に、多くのファンから、愛されるようになって。
ほーんとに、溺愛ってコトバが、ピッタリすぎて、他に例えようがないくらいで(笑)
ファンのそーんなキモチが痛いくらいに、わかる人なので。
その分、戸惑いもあるだろうし、かといって、個々に対応することもできないし。
なんか、いろんな想いが重なって、こういう発言になったのかなって。
きっと、嵐の松本潤でいる限り、
いろんなジレンマが、こういう風に、これからも続くんだろうな。












それでも。いろんな想いを抱えながらも。
潤くんは、いつも、いつも、笑っていてくれるから。
毎日が、楽しくて、とっても充実してるって、話してくれるから。
嵐の松本潤であることを、ものすごく誇りに思っていてくれるから。
それだけで。そういう潤くんを見ているだけで、幸せです。はい。
そんな幸せのきっかけとなった、記念すべき5月17日。
ほーんとに、誰に感謝したらいいのか、わかりませんが。
(やっぱり、基本は、ジャニーさんかしら?笑)
潤くんが、ジャニーズという道を選んでくれたコトに、ひたすら感謝したい。
あの日のちっちゃい潤くんの決断がなければ、今の松本潤はないわけだし。
まさか、こーんなに、たくさんの人に愛される存在になるとは、
あの頃は、想像すらしなかったかもしれないけれどもね(笑)
なにはともあれ。これからも、ずっと、ずっと、キラキラ輝いていてください。
そして、ずっと、ずっと、溺愛させてください。(重くて、申しわけないっ。笑)



5月17日。
記念すべき、13回目の入所記念日に。
大好きな、松本潤くんへ。

category: 嵐 松本潤

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lucky11go.blog103.fc2.com/tb.php/716-54dfdb28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お知らせ

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム