10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Be with you

潤くん大好き♪嵐大好き♪嵐くんのおかげで日々充実♪

わが家の歴史 第1夜 

このドラマは、絶対に、リアルタイムで見るって、臨んだ初日!
だって。松本潤×三谷幸喜は、ワタシの中で、最強コラボですもん。
というわけで。しっかり、2時間30分、見させていただきました。




以下、ネタばれしております。













高度経済成長の時代。
3月まで放映されていた、不毛地帯も、おそらく同じよーな時代背景。
とっても、重厚な作りで、戦後の日本の発展を支えた、無骨だけれども、
熱い男たちの戦いが、描かれていて、地味ながら、非常に、面白かった作品。
わが家の歴史は、戦後の、おそらく、一番、日本人がパワフルだった時代を、
その頃を知らない世代にも、わかりやすく伝えてくれる、上質な娯楽作品。
そんな印象を、1話を見て、感じました。
ワタシも、もちろん、その頃を知らない世代ですが。
父や母が、生まれた頃~のハナシなんで。
こーんな時代を、過ごしてきたんだなって、なんだか、感傷深いキモチに。
戦争に負けて。なにもかも、無くして。
イチから再スタートを切った昭和の日本。
携帯など、もちろんなくて、TVさえも、一家に、一台の時代。
ちゃぶ台を囲んで、家族団欒が、当たり前だっただろう、あの頃。
現代と比べたら、一見、不自由な暮らしなのかも、しれないけれど。
家族の温かみに、溢れていて。
昭和って、いいな。
家族って、いいなと、思わず、つぶやきたくなるよーな、
古き良き日本を、身近に、感じた第1話でした。
ほーんと、2時間30分が、あっという間で。
当日の、いいともで、三女役のななちゃんが、
『面白くて、8時間、ぶっ通しで見てしまった。笑』って、話してくれてたんですが。
それも、ほんと、納得で。
続きが、早く見たーいって、ワタシも、思っちゃいました。はい。














三谷作品の最大の魅力でもある、群集劇でありながら、
登場人物の一人一人が、愛されるキャラとして、描かれているコト。
主役を張れる役者さんが多数出演している、わが家の歴史でも、
それは、変わりなくて。
お父さん役の、西田さんは、働かず、調子ばかりいい、ダメダメっぷりなのに、
なぜか、憎めない、このドラマの、肝的存在。
西田さん以外の登場人物も、三谷さんの手で、
ひじょーに、愛すべきキャラとして描かれていて、
その愛すべきキャラを、それぞれの役者さんたちが、
生き生きと、楽しげに、演じてる感じが、とっても伝わってくる。
それが、とっても、心地よく、楽しく見られた、要因かも!
潤くん演じる、義男も、もちろん、その1人。
松本潤という、キラキラ輝くアイドルオーラはなく、
カラダは弱いけど、生真面目で、家族思いのココロ優しい八女家の長男として、
とても、しっくり、ドラマのストーリの中に、溶け込んでた。そんな印象。
出番はすごく少なかったけど、楽しげに、義男を演じる潤くんが見れて、
ほーんと、ほっこり、幸せな気分になれました。













今宵の第2話は、義男くんが、たっくさん出てくれるよーな感じで、嬉しい。
まさみちゃんとのキスシーンも、今宵ですよね?>三谷さま。
拍手コメントで、お名前が書かれてなかった方から、教えていただいたんですが。
(教えてくださった方、感謝です。ありがとうございます♪)
糸井重里さんの、『ほぼ日刊イトイ新聞』というブログの中で、
『わが家の歴史を観ると決めた!』という特集記事が、あるんです。
その中の、『ラブシーン』と言う回の対談で。
潤くんと、まさみちゃんのキスシーン秘話?を、三谷さんが話してくれてます。
んふふ♪そーなんだ!って、なんだか、微笑ましく、読ませていただきました。
確かに、あのシーンの潤くんは、
『恋愛に関してすごく素人』の義男そのものですもん。
なんだか、潤くんの役者としての力量を、褒められてる気がして、
ワタシまで、嬉しくなりました。はい(溺愛上等。笑)
今宵注目の、門越しのラブシーン。
このウラバナシで、さらーに、おもしろく見れそーです♪
昨日の、裏金融グループうんぬんのくだりが、ちょっと、心配なんですけど!
まっ。三谷さんの作品なんで。重苦しいよーな内容には、ならないから、大丈夫!
と、信じてますよ!!>さらに、三谷さま(笑)














三谷さんが、構想3年(でしたっけ?)かけて、やっと実現した
壮大な、ホームドラマ『わが家の歴史』
今宵も、今から、めちゃめちゃ、楽しみです♪
の前に、昨日、関テレで、奇跡的に放映された、わが家の歴史ナビを、
みなくっちゃ!!(最近の関テレは、なんだか、グッジョブ!)
大泉さん演じる『つるちゃん』も、すごーく気になる存在ですし(笑)
天海さんは、三谷舞台『オケピ!』を彷彿させる、非常にオトコマエな役柄ですし。
脇を固めるみなさんも、ほーんと、素晴らしくて。
ストーリーテラーの、役所さんの語りも、ものすごく、素敵です。はい。
なんか、書き出したら、1人1人語りそーなんで、この辺りで(笑)
第2話の義男くんに、リアルタイムで逢えるよーに、
今から、いろんなコトを、がんばります!
今日も、いい天気ですねぇ。みなさま、良い週末を、お過ごしくださいね♪

category: 嵐 松本潤

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://lucky11go.blog103.fc2.com/tb.php/983-42ad751e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お知らせ

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム